ケンカはデフォルト!?「結婚式準備」で揉めがちなポイント4つ




結婚式は、女性たちにとっての一大イベントです。人生最高の一日にするために、準備にも気合いが入ることでしょう。しかし、結婚式準備にはケンカがつきもので、普段温厚なカップルでさえも揉めてしまうことがあるようです。
さて、世のカップルたちは、いったい何が原因で結婚式準備中にケンカをしてしまうのでしょうか。

結婚式準備で揉めがちなポイント

結婚式費用に関する問題



結婚式準備中のケンカの原因に多いのが、お金にまつわる問題です。
「どこにどれだけの費用をかけるのか」「どちらがどれだけ負担するのか」「両親からの支援はあるのか」……このようなお金に関する話題はちょっと言い出しにくいかもしれませんが、しっかりと話し合っておかなければなりません。
結婚式には高額な費用がかかります。お互いの経済観念を把握するいい機会になりますので、費用についての話し合いは積極的に行うことをおすすめします。

招待客の人数に差がある

「遠い親戚は呼ぶのか」「仕事仲間はどこまで呼ぶのか」「友人は何人くらい呼ぶのか」……考え出すと意外と悩んでしまうのが、この招待客問題です。
「どちらかの招待客だけが多くなってしまったら……」なんて悩みを抱える人も多いようですね。
しかし、人数比が違う結婚式は珍しくありませんので、無理やり人数を合わせる必要はありません。両親の意向も聞きつつ、お互いが納得できるようしっかり話し合ってくださいね。

男性側が手伝ってくれない



結婚式準備中、「彼が全く手伝ってくれない! 本当にやる気あるのかな……?」とナーバスになってしまう女性は少なくありません。しかし、結婚式を挙げるにあたり彼に過剰な期待をしてはいけません。
そもそも、女性と男性では結婚式に対する思い入れが違うのが普通です。結婚式準備に乗り気でないのは、「特にこだわりがなく、何をどうしたらいいのかわからないから」だと思ってください。
「何かを決める時には二択で聞く」「準備にあてる時間を決める」「何かしてくれたら大げさに感謝する」など、上手に手綱を握って準備を進めていきましょう。

女性側のこだわりが強すぎる

ウェディングドレス、アクセサリー、演出、装花……。結婚式では、こだわればこだわるほどに費用がかさんでいきます。いわゆるウェディングハイ状態になっている女性は、男性から「そこまでしなくていいんじゃ?」と口出しをされるとムッとしてしまうよう。しかし、結婚式は自分一人のものではなく、彼と一緒だからこそ挙げられるものです。
譲れない部分は彼に相談しつつ、男性側の意見も尊重し、二人で結婚式を作り上げていきましょう。

結婚準備中は何かと忙しく、ピリピリしやすい時期でもあります。結婚式さえ終われば、準備中のケンカもいい思い出になるかもしれませんが、渦中にいる時は冷静になるのが難しいもの。
些細なケンカが原因で「本当にこの人と結婚していいの?」なんて不安を抱いてしまわないように、不満はその都度話し合い、解決していくことをおすすめします。
夫婦になる二人の最初の共同作業として、協力しながら結婚式準備を乗り越えていってくださいね!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ