国民民主党が党大会 玉木雄一郎代表が語る野党共闘には不安の見方も

しらべぇ

2019/1/14 19:00




12日、都内・砂防会館で国民民主党大会が行われ、同党所属の国会議員や候補予定者が参加した。「カジュアルな服装」が義務づけられ、玉木雄一郎代表は、入り口でハイタッチするパフォーマンスを行った。

■来賓は神津里季生・連合会長




連合の神津会長は、昨年の国会で働き方改革法案や入管法改正案で対案を出したり、政府提出法案が明確にしていない問題点に切り込んだりした国民民主党の一連の取り組みについて、「働く者、生活者のための政策を実現しなければならないという強い意志の表れだ」と評価。

来たる統一自治体選、参院選に向けては「1強政治の打破という大義のために野党が一致団結し、働く者本位・生活者本位の政治勢力を大きな固まりとして結成していくことが極めて重要だ」と指摘した。

参院選の候補者の擁立では「与党を利さないことを前提に進めることが必須だ。1人区だけでなく、複数区でも野党が一丸となって戦わなければならない」と強調した。最後に国民民主党に対して「働く者、生活者の立場に立つ政治勢力の拡大に向けがんばっていただきたい」と激励を送った。

■玉木代表は野党共闘を訴え




玉木代表は挨拶で、

「鋭い批判によって問題点を明らかにし、政府を動かすことは、野党の大事な仕事。実際、昨年の臨時国会では、桜井充議員や大西健介議員が妊婦加算の問題を取り上げたことで、制度の見直しにつながった。

また、山井和則議員や階猛議員の粘り強い追及があって、技能実習生の調査のいい加減さが明らかになった。こうした追及によって政権の問題点が明らかになり、今、国民に中には、マグマのような怒りや違和感が溜まっている。

首相が質問には答えないのにヤジは飛ばす異様な国会の風景、議論を拒否して一方的に物事を進めようとする強引な姿勢、公文書の改ざんさえ部下のせいにして幕引きを急ぐ傲慢な態度、移民を外国人材、FTAをTAGと言い換え、戦闘を武力衝突と言い、公約違反を『新しい判断』と言ってのける。こんな出鱈目を許してはならない」

と述べ、安倍政権との対決を明確にした。その上で

「こうした批判や追及と共に大切なのは、自民党に代わって政権を担い得る『もう一つの選択肢』をつくること。何としても、もう一度、政権を担いたい。なぜなら、私たちには、つくりたい未来が、つくらなくてはならない社会があるから。

昨年、党のアイデンティティを表す言葉として『つくろう、新しい答え』を定めました。単なる否定や批判だけでなく、未来へつながる新しい解決策を示そうと決めたのも、私たちが、『もう一つの選択肢』になるというプライドを捨てていないからです。

つながりを断ち切っていくような社会や経済のあり方を変え、人間同士、さらには自然環境とも、外国の人々とも結びあって生きていく社会、そんな『新しい答え』をみんなでつくり出していきましょう」

と野党共闘を訴えた。

■同日選にも備え


玉木代表は12日、定期党大会終了後に開いた記者会見の中で、「非常に明るい元気な党大会になったと思う。とくに厳しい中で今年の統一自治体選挙、参院選挙に挑む候補者が壇上に上がり、彼らの志や思いを聞かせていただいて、むしろ私たちが元気をもらった。ぜひ自治体議員、候補者、現職の国会議員の皆で力を合わせて頑張っていきたい」と力を込めた。

野党連携については、「野党がバラバラであることが国民の皆さんの不満と所属議員の不安の源になっている。やはり政権を担うに足る野党の受け皿をいかにつくっていくのかということが、私たち野党の責任」と語る。

参院選に向けて、「さまざまな会派とコミュニケーションしながら、固まりを大きくして『強い野党』をつくっていく第一歩を踏み出していきたい」と述べた。

また、衆参同日選挙の可能性を念頭に、「政権選択を賭けた衆院選挙があるとすれば、当然野党間で調整をしていかなければいけない。立憲民主党を含む他の野党や会派とのこれまで以上の連携を深めていきたい」「野党第1党である立憲民主党の枝野さんが決断すれば、一気に野党は大きな固まりになって、政府・与党に対する脅威になりうる。衆院選に向けて野党連携を急がないと、国民に対する責任を果たすことにはならない」と語った。

■進まぬ野党の選挙協力


しかし、全国紙の政治記者は語る。

「言葉は勇ましいのですが、国民民主党の支持率は1%台。野党の結集を訴えますが、たとえば、昨年の社民党・大会には野党5党の党首が並び、挨拶しました。しかし、国民民主党の大会は野党代表の出席もなく、メッセージもなかった。完全に野党の中で蚊帳の外に置かれているのです。

選挙協力も1人区の参院滋賀選挙区で嘉田由紀子・前滋賀県知事の擁立を決めていますが、立憲民主党の枝野代表が『野党統一候補にはふさわしくない』と冷たくあしらっています。

参院選まで約半年なのに、各党がみな、1人区は野党一本化を口を揃えますが、『笛吹けど踊らず』。けっきょく2017年に希望の党と立憲民主党がバラバラに戦ったしこりが残っているのです。これでは安倍政権の不戦勝にすらなりかねません」

はたして、国民民主党は野党共闘の一翼を担えるのか。要注目である。

・合わせて読みたい→立憲民主党、ゲイの豊島区議を参院比例区に擁立へ フランス地方議員からも激励の声

(取材・文/しらべぇ編集部・及川健二

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ