彼が付き合いたてホヤホヤの彼女からもらうと嬉しいLINEとは?

愛カツ

2019/1/13 18:45


付き合いたての時期って、男女ともに舞い上がっているというか、地に足がついていないというか、そういうキラキラした面がありますよね。

同時に、超不安な時期でもありますよね。

彼からのLINEの返信がちょっと遅いだけで、「彼はわたしに付き合おうと言ってくれたけど、それは言葉だけであって、やっぱり彼はわたしのことが好きじゃないのかな」と不安になったり。

男子も同じ。キラキラとネガティブが入り混じるのが、付き合いたてホヤホヤの時期です。

そういう時期に、彼が彼女からもらって喜ぶLINEとは、どのようなLINEなのでしょうか?さっそく一緒に見ていきましょう。

付き合いたてLINE

■ ハートマークのスタンプ

これは定番ネタなので、解説不要かもしれないですね。

彼にちゃんと「愛しています」という気持ちが伝わると、彼は安心し、いつに増しても心穏やかに仕事に打ち込めるのだから、まずはハートマークのスタンプを送るべきでしょう。

■ 仕事がんばってね

男子って、自分の仕事を応援してくれる人のことが好きなんですよね。なぜなら「仕事=自分の人格の一部」と彼は考えているから。

さらに言うなら、いわゆる「いい企業」にいる彼であれば、その会社で働いていること自体が自分のプライドだったりします。

もっといえば、そういういい会社で働いている自分のことを「すごいブランド」に感じているのです。

受験勉強をがんばって、やっとの思いで入った会社なのだから、「仕事=自分の人格のすべて」みたいに思っているのです。

そういう彼は、「仕事がんばってね」というLINEが彼女から来ると、すごく喜びます。

なぜなら彼は、「彼女は俺の人格をまるごと肯定してくれている」と、錯覚(!)しちゃうからです。

■ 次のデートの予定

付き合いたてホヤホヤの時期って、愛がまだ安定期ではないので、一抹の不安がつきまといます、と冒頭に書きました。そういう時に「効く」LINEとは、具体的に次のデートの約束をするLINEです。

たとえば「再来週、一緒に**に行かない?」と送るとか。

これだけで彼は「とりあえず再来週までは愛が持ちそうだ」と思って安心するのです。

■ お金がなかったらおうちデートでもいいよ

付き合いたてホヤホヤの彼は、彼女にお金がないとは言えません。

同じ会社の同僚どうしで恋愛するメリットは、「相手がいくらくらい収入があるか、なんとなくわかる」ことなんですよね。わかると、必然的に、阿吽の呼吸でデートの頻度&予算が確定しますからね。

でも、ちがう職場のふたりが恋に落ちたら、そのへんのことがわからないので、彼は彼女に対して無理をします。

お金がないと言えないから無理をします。無理をするのは、彼にとって苦痛です。誰にとっても苦痛です。

だから彼女が先に言ってあげるのです。「おうちデートでもいいよ」と。

LINEなんて、面と向かって言いづらいことを伝えやすいツールなのだから、これくらいのことをしれっと彼に送るといいんですよ。

■ おわりに

いかがでしょうか。

最後に1つ。あなたがどれくらいエロいのかがわかるLINE、これも、付き合いたてホヤホヤの彼にすごく喜ばれます。

彼女の基準がどこまでなのかを知らないと、「発言のOKラインがわからない」のです。

加減がわかると、彼は安心します。ゆっくり落ち着いてあなたと話すことができます。

これは、彼にとってかなり嬉しい状況ですよ。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ