『THIS IS US』シーズン3に『Empire』のフィリシア・ラシャドがあの役で登場!

海外ドラマNAVI

2019/1/14 16:00


2016年の放送開始以来、高い評価を得てエミー&ゴールデン・グローブ賞作品賞にもノミネートされた、米NBCの感動ヒューマンドラマ『THIS IS US/ディス・イズ・アス』。そのシーズン3に、音楽業界の裏側を描く『Empire 成功の代償』で、ダイアナ・デュボア役を演じるフィリシア・ラシャドが出演することが明らかとなった。米TV Lineが報じている。

【関連記事】『THIS IS US』マイロ・ヴィンティミリア~顔面麻痺という障害を乗り越え歩んだ俳優人生~

『THIS IS US』は、同じ日に生まれたケイト(クリッシー・メッツ)とケヴィン(ジャスティン・ハートリー)、ランダル(スターリング・K・ブラウン)という3人の男女が抱える問題や人生を描くシリーズで、ダイアナはランダルの妻べス(スーザン・ケレチ・ワトソン)の母親キャロル役で出演。べスの過去を描くシーズン3第13話に、キャロルが登場することになっている。

べス役を演じるスーザンは、インタビューで新シーズンについて次のように語っている。「ベスの過去がどんなだったのか、そして彼女の未来に何が起こるかなど、製作チームと向かっている方向について話し合いの場を持ったの。エボニ・フリーマンという新しい脚本家がいて、そのエピソードは彼女が主要ライターなんだけど、いくつかの出来事はエボニー自身が経験したことで彼女にとってすごく個人的な物語なの。脚本家チームは美しい裏話を作り上げる道を見つけ、ベスが決意を固め始めて再び立ち直る姿が描かれる。そのエピソードには素晴らしいサプライズもあって、すごくパワフルな物語になると思うわ」とコメントしている。

フィリシアは、1984年から1992年にかけて放送されたシットコム『ビル・コスビー・ショー』で8シーズンにわたりクレア役を演じ、『サイク/名探偵はサイキック?』ではウィニー・ガスター役で出演。映画『クリード』シリーズでは、『ロッキー』シリーズに登場したアポロの正妻メアリー・アン役に扮し、Amazonのドラマシリーズ『ジャン=クロード・ヴァン・ジョンソン』などにも姿を見せている。

『THIS IS US/ディス・イズ・アス』シーズン3後半エピソードは、米NBCにて1月15日(火)より放送スタート。作品見どころなどは海外ドラマNAVI作品データベースから。(海外ドラマNAVI)

Photo:フィリシア・ラシャド
(C) NYPW/FAMOUS

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ