ミオヤマザキ、1万枚限定のミニアルバムが予約販売のみで完売

OKMusic

2019/1/14 12:00

先日横浜アリーナでの単独公演を発表し、勢いに乗るミオヤマザキが1月19日にリリースする、“1万枚限定”“CD店に並ばない”ニューミニアルバム『un-speakable』が予約販売のみでソールドアウトとなった。

このアルバムには、映画『耳を腐らせるほどの愛』の主題歌「哀図」や、女子高生の持つパワーと学生ならではの葛藤を歌い上げたダンスチューン「女子高生」など、ミオヤマザキらしい7曲を収録。そのうち6曲を発売前にyoutubeにてフルサイズ公開する潔さに、“とにかく音源を聴いて欲しい”という強い想いと、同時に“決してyoutubeでの音源公開がCDの買い控えを起こす事実はない”と証明したいという覚悟がうかがえた。

相変わらずのヒヤヒヤしながらも共感せざるを得ない歌詞と、重厚でありながら新鮮で飽きることのないサウンドワークで描かれたミオヤマザキの今回のミニアルバム、音源の意味や価値などを問う良い機会となるのかもしれない。

■【ボーカルmio コメント】

ありがたいことに予定していた1万枚をすべて売り切ることができました。それだけ多くの人が、ミオヤマザキの音楽をCDというパッケージで手元に残したい、と思ってくれたということなんだと思います。CDが売れない時代に私たちは音楽を表現するという人生を選びました。新旧の状況が入り混じる業界の渦の中で、時に必死に泳ぎ、時に無力を感じながら、いまもここにいます。

1万枚が多いのか、少ないのかわかりませんが、自分たちが課した一つの指標を乗り越えることができたことを嬉しく思います。手に入れられなかった方もいるかもしれませんが、決して音楽を閉鎖的に発表する意図はなく、youtubeで全曲聴けるし、サブスクリプションサービスでも全曲配信を予定しています。ぜひそれぞれの方法で私たちの音楽を聴いてもらえればと思います。

ミニアルバム『un-speakable』

2019年1月19発売(同日配信開始)

\n<収録曲>
1.un-speakable
2.哀図
3.女子高生
4.CinDie
5.ふたりぼっち
6.絵空事
7.溺死

【ライヴ情報】

『ミオヤマザキ×R指定「お台場心中」』
1月19日(土) 東京・ZeppTokyo (with. R指定)

『0427、2人の記念日イブ、待ち合わせ場所は…日比谷でしょ?』
4月27日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

『0428、2人の記念日、待ち合わせ場所は…大阪でしょ?』
4月28日(日) 大阪・大阪城野外音楽堂

『ミオヤマザキZepp Tour 2019』
11月09日(土) 東京・Zepp DiverCity
11月23日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月24日(日) 愛知・Zepp Nagoya
12月01日(日) 福岡・Zepp Fukuoka

『ミオヤマザキ5周年ワンマンスレ』
[2020]
1月11日(土) 神奈川・横浜アリーナ

\n

当記事はOKMusicの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ