くっきー“神様”がジミヘンやガガなど衝撃10変化! 上田竜也は笑いこらえるも「ボディータッチをされ…」

ザテレビジョン

2019/1/14 12:00

1月21日(月)からスタートする上田竜也主演のコメディードラマ「節約ロック」(毎週月曜夜0:59-1:29ほか、日本テレビほか)に、くっきーの出演が決定。上田演じる主人公・タカオの心の中に住む“ロックの神様”を演じる。

本作は、大久保ヒロミの同名漫画の実写化で、彼女のマキコ(藤井美菜)に振られたことをきっかけに、貯金ゼロの独身サラリーマン・タカオが節約生活に奮闘する“節約コメディー”。

マキコに近づく天然系イケメンの稲葉(重岡大毅)や、個性豊かな会社の仲間たちに振り回されながら、マキコを取り戻そうと悪戦苦闘を繰り広げる。

くっきー演じるロックの神様は、ドラマのオリジナルキャラクター。タカオが聴いてきたロックの数だけ存在しており、毎回さまざまなロックスター風の姿になって、どこからともなく現れてはタカオに格言やアドバイスを授けていく。

1月21日(月)放送の第1話では、ジミ・ヘンドリックスとなってタカオの前に登場する。

くっきーと上田のコメントが到着した。

■ くっきーコメント

節約とロックなど交わるはずもないと思っていたものが、LEGOがごとくビチハマり。テレビデオが出たと同じ衝撃でございます。人民人間の皆さま方ご堪能あれ。おもろいよぉ♪

■ 上田竜也コメント

ロックの神様のせりふは毎回アドリブが多く、リハーサルと本番でも違ったので、笑いをこらえるのが大変でした。

くっきーさん独特のお笑いのセンスやワードセンスがあり、思ってもみないところから笑いの爆弾が飛んでくるので、とにかく面白かったです。

1話のジミヘンとのシーンは、最初の撮影だったこともあり、かなり笑ってしまいました。 突然「バンブーー!」と言われるところがあるのですが、その意味が分かったとき、耐え切れなかったです(笑)。

必死に笑いをこらえているところでくっきーさんからボディータッチをされ、笑いから抜け出せなくなったシーンもありました。ロックの神様とのハチャメチャなやりとり、楽しみにしていてください!(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175766/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ