動物とのコミュニケーションの可能性を!【全国学生夢コンテスト 第6回キャンパスライフ+1開催!】~松本 愛莉さん編~


キャンパスライフプラス1_Banner
全国の大学・短大・専門学校に通う学生の夢を応援する「Campus Life+1」。今回は「Campus Life+1 2018」エントリー者を紹介します。

海外の水族館も観に行きたいと思っている。将来は起業にも興味を持っている。

遊泳体験をきっかけにイルカの研究の夢を持ち始めた

昔から動物が好きで、家族で旅行に行くたびに、その地方にある動物園や水族館に足を運んでいます。そんな中、小学生のときに私の動物好きに拍車をかけるイベントを経験しました。それは和歌山県の海で行われたイルカとの遊泳体験。イルカの方から私に近づいてくれて、うれしかったことを覚えています。以来、イルカがずっと好きで長年研究することを夢として追いかけていました。


スナメリを鑑賞する松本さん。これまでに訪問した水族館や動物園は約50施設。

人間と動物とが分かり会える世界を

そして、現在大学では鯨類の研究をされている教授の授業を受けたり、昼休みに有志で行っている鯨類を学ぶゼミに参加しています。なかでも私が今一番興味を持っているのは、イルカの鳴音について。イルカには鳴き声にいろいろ種類があり、その鳴き声でイルカ間で会話し社会を形成しています。研究は進んでいるもののどのような感情を持っているのか、までは解明されていません。研究を進めるなかで、言葉こそ通じないものの人間と動物という別の生き物が分かり合い、共に生きていく方法をみつけていきたいです。


大学の集中講義でカヤックを体験。水やガス、電気もないところで1日生活した。


大学で講義を受けている教授は、幼い頃読んでいた本の作者。

<プロフィール>
松本 愛莉さん
三重大学 生物資源学部1年生 19歳
京都府出身。
現在、学業に力を入れながらも週3日家庭教師のアルバイトに励んでいる。
好きな動物はイルカやクジラ。
<<詳しい応募方法はコチラをご覧ください>>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ