パラリーガル役にやりがい!趣里「大人たちのポップな掛け合いも楽しんで」

ザテレビジョン

2019/1/14 10:00

1月19日(土)からスタートする新ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系)に出演する趣里。

本作は、冤罪の犠牲となって犯罪者として扱われている人々を救おうと奮闘する若き弁護士たちの姿を描くヒューマン・リーガル・エンターテインメント。主演の坂口健太郎演じる若き弁護士・黒川拓が科学者やジャーナリストたちの協力を得て、科学的な実証実験で難事件を解き明かしていくストーリーだ。黒川が働く保駿堂法律事務所のパラリーガル・城崎穂香役を演じる彼女にドラマのみどころをたっぷり語ってもらった。

――今作でパラリーガル役を演じることに決まったとき、どんな感想を持ちましたか?

冤罪がテーマのドラマということで、周防義和監督の映画「それでもボクはやってない」(2007年)を思い出しました。主人公が痴漢の濡れ衣を着せられて、起訴されてしまう話なんですが、身の潔白を証明するために戦い続ける。作品を通して、冤罪の恐ろしさを知りました。遠い出来事のようですが、いつ自分に起こってもおかしくないことだと思いました。描かれる冤罪事件もどこかで起こっているようなストーリーで、気が引き締まる思いです。

――初めてのパラリーガル役ということで、どんなご準備をされたのでしょうか?

原作を読んだり、冤罪について勉強したりしています。監督から「穂香はいずれ弁護士になりたいという思いがある人」ということを聞いて、弁護士の仕事や法律についてもしっかり勉強している人。責任を持って演じなくてはいけないなと思います。

■ 私もよく「真面目過ぎる」と言われる

――演じている穂香というキャラクターとご自身の共通点はありますか?

穂香はシングルマザーということで人生経験が豊富な女性。いろいろ抱えているものがあるからこそ、人の痛みや気持ちも分かる人だと思います。仕事に対しての姿勢もものすごく真面目なところがあって、そこは私と一緒かもしれません。私もよく「真面目過ぎる」と言われるので、あえて共通点をあげるなら、そこかもしれませんね。自分でも「もうちょっと深呼吸をしようか」って思うこともあるくらいですから(笑)。そんな私が演じるからこそ、キャラクターとして面白くなればいいなと思っています。

――冤罪をテーマにした作品というとシリアスな描写も多いのかなと思いましたが、保駿堂法律事務所のメンバーの掛け合いせりふは、和気あいあいとしているシーンもありますよね。台本を読んでどんな印象を持ちましたか。

法律事務所のメンバーとのやりとりは明るくポップな感じだなと思いました。どんな人間関係が築かれているのか見えてくるような掛け合いのシーンもあるので、楽しみですね。法律事務所の人間関係はもちろん、冤罪の容疑者になる人たちの話と、黒川拓先生がなぜ冤罪を扱う弁護士になったのかという3つくらいの軸で描かれているなと感じました。穂香はどこまで真相を知っているのか分からないですが、拓先生と検察官をしている拓先生の父親・真(草刈正雄)との関係性もだんだんと明かされていくと思うので、そこも気になります。

――演じるのが楽しみなシーンはありますか?

やっぱり法律事務所のみんなと一緒のシーンは楽しみです。坂口さんは気張ってなくて、すごく柔らかい雰囲気の方という印象でした。それは拓を演じるにあたってなのかは分かりませんけど、座長が柔らかい空気感を作ってくださるのはありがたいです。川口春奈さん、杉本哲太さんや志賀廣太郎さんなど個性的なメンバーが揃うので、どんな掛け合いが繰り広げられるのか楽しみです。

哲太さんは連ドラでずっと一緒だったことがあるのですが、とても楽しい方なので、またご一緒できることがうれしいです。あと、科学者の秋保を演じる藤木直人さんも共演経験があるので心強いです。

■ ダメなときほど感謝の言葉を口にしたい

――冤罪の犠牲となった人たちのために正義感を持って戦う主人公が描かれるドラマですが、“正義”と聞いてイメージすることはありますか?

日々の生活の中で「自分の意見は間違っていないし正しい!」と思うことってありますよね。そういうときに自分の意見を貫き通すことはできるけど、どんなときも周りの人を思いやって、感謝の気持ちを忘れないことを大事にしたいと思っています。「ありがとう」と「ごめんなさい」は大切じゃないですか。心が疲れたときは、つい忘れそうになりますけど、ダメなときほど感謝の言葉を口にしていける自分でありたいですね。

――最後に放送を楽しみにしている視聴者に第1話の見どころをお願いします。

第1話では、法律事務所の人間関係も掛け合いせりふから何となく垣間見えると思うので、まずはそこを見ていただきたいです。哲太さんや志賀さん、正名僕蔵さんなど大人たちのポップな掛け合いがドラマにおいてもいいテンポ感と味わいをプラスしてくれているので、楽しみにしてもらいたいですね。あと、毎話、ゲストの方が登場して、冤罪事件が描かれます。第1話は、自宅を放火した容疑で逮捕された阿蘇茂雄(吉田栄作)の妻である恵美子(中島ひろ子)さんが弁護士事務所に依頼をして、事件の検証していくことになります。その実験検証のシーンは火事の炎の再現も見どころですし、その事件に隠された人間ドラマもとても深く描かれているので、心が動くものになっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていてください!

しゅり=1990年9月21日生まれ、東京都出身。「ブラックペアン」(2018年TBS系)、「僕とシッポと神楽坂」(2018年テレビ朝日系)など出演作多数。映画「生きてるだけで、愛。」では主演を務める。2019年には、舞台「クラッシャー女中」(3月22日・金~4月14日・日、東京ほか)や舞台「オレステイア」(6月6日・木~6日30日・日、東京)の出演を控える(ザテレビジョン・取材・文=福田恵子)

https://news.walkerplus.com/article/175448/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ