大人向けコミックエッセイ『おかあさんとあたし。』が笑えて泣ける!と話題

mamaPRESS

2019/1/13 19:00

『おかあさんとあたし。』(大和書房)という本をご存知ですか? この本が笑えて泣ける!と話題になっています。

2000年に第一弾が刊行されたのち、2004年には第二弾が、更に2014年にこの2冊をまとめた『おかあさんとあたし。①②』が発売されました。多くのママたちを惹きつけているその内容とは?

心がほっこりする『おかあさんとあたし。』


この本の作者は、なかがわみどりさんとムラマツエリコさんの2人からなる『k.m.p』というユニット。「何か楽しいことをやろう、できればそれでお金を稼ごう」ということで、2人で雑貨を作ったり、本を書いたりすることをはじめたことがきっかけなのだとか。

『k.m.p=金(k.)儲け(m.)プロジェクト(p.)』の略なのだそうですが、その名前とは裏腹に、ほっこりと優しい気持ちになれると話題なのが『おかあさんとあたし。』なんです。



出典:Amazon

『おかあさんとあたし。』は、k.m.pのポストカードシリーズをもとに、母と子のささいな日常を描いたコミックエッセイです。

どこの親子でもありそうな、なんてことのない日常の1コマが集められた1冊ですが、子どもの頃の自分自身と母親を思い出したり、忘れていた記憶をよみがえらせたりと、大人になってから読むとジーンと感動するママが続出しています。

くすっと笑えて、気づけば号泣…!魅了されるママたちが続出


実際に本を読んだ人からはいろんな感想が。

自分の親のことをついつい思い出す



































本屋を覗いたら探してた本が見つかった! 旦那の美容院待ちの間にミスドで読み切ったけど、ホント後悔。 家で1人で見るべきやったよ。 何度も涙が溢れそうになっては堪えての繰り返しやったわ。 * * ホントに最近しみじみと両親や祖母の老いを感じる。 帰る度にシワが増え、体も小さくなってる。 1年に1度しか帰れないから余計に思うのかも。 私が子供の頃と同じではないと分かっているけど、現実見つめると急に寂しくなるね。 * * 今月末に東京出張が急遽決まったので、何か美味しいものでも買って送ってあげようかな。 #おかあさんとあたし #ムラマツエリコ #なかがわみどり #kmp

sakurayuri0330さん(@sakurayuri0330)がシェアした投稿 –





自分が大人になるにつれて、当然ながら老いてゆく祖父母や両親。この本を読むことでやっぱり寂しい気持ちも感じてしまうかもしれませんが、この方のように元気なうちに親孝行をしてあげたいと思うきっかけを作ってくれるかも。

“あたしのおかあさん”であることが当たり前だった頃のことを思い出す
















View this post on Instagram





















#おかあさんとあたし #kmp #ムラマツエリコ #なかがわみどり 泣ける泣ける 娘と一緒に読みたい本 「おかあさんの頭の中には、あたしのことだけじゃなく、家族のこと、お金のこと、仕事のこと、田舎の親のこと、ともだち、そして自分の人生のこと…」 たくさんあったはずなのに おかあさんが「あたしのおかあさん」であることが、あたりまえだったころ。 あたしも、ずっとそうだった 今になって分かる 親になって分かる いろいろ謝りたい 娘は今そうなんだろうな でも、それで良いんだよ わたしは、あなたのおかあさんであたりまえだよ #読書#読書記録 #読了 #図書館で借りた本 #ノンフィクション #読書好きな人と繋がりたい #本 #本が好き #本のある暮らし #本のある家 #本好きな人と繋がりたい

sawada akaneさん(@sawada.akane)がシェアした投稿 –





忙しい毎日の中で、いろんな立場で考えなくてはならないことが盛りだくさんな“おかあさん”。それに対して子どもにとっては、おかあさんが“おかあさん”であることはあたりまえなんですよね。

ふと自分が子どもの頃の気持ちを思い出すきっかけにもなる1冊です。

くすっと笑ってたはずなのに、気づけば涙が…!







ママの立場で見ても「あるある!」と頷ける部分もたくさん! 笑ったり泣いたり共感を得られます。ぜひ母親、自分、娘と3世代で読んでみてほしいです。

“おかあさん”としての自分を見つめなおす時間にも







育児って本当に大変! そう思っているタイミングで読むと、きっと肩の力がスーッと抜けて気持ちが楽になるはず。お昼寝や寝かしつけ後の“おひとり時間”にもおすすめです。

子どもにとっての“おかあさん”ってこんな存在
















View this post on Instagram





















#読書 #おかあさんとあたし。 お家が散らかっていて、全然リセットできません(笑) そんな時もあるよね😌💦 今日の本は おかあさんとあたし。 毎日、忙しくて色んな事に気を配らなくてはならなくて バタバタ過ごしてしまうけど、 子どもには、おかあさんってこんな存在なのかな~😢❤ って。 おかあさんと、子どもの日常あるあるの1コマと、文章で綴られた一冊です。 子どもが大きくなって、優しいおかあさんも、楽しいおかあさんも、怖いおかあさんも、全部[おかあさん]の思い出になってくれるように、 日々、子どもとふれ合えたらいいなぁ😌❤ 私は、泣きました😜💦 #涙もろい

nahooさん(@kimagure.yoroduya)がシェアした投稿 –





怒っているおかあさんも笑っているおかあさんも優しいおかあさんも、全部“おかあさんとの大切な思い出”。子どもが大きくなってそう思ってくれたらこんな幸せなことはないのかもしれませんね。

幼い頃を思い出してちょっぴりノスタルジックな気分になったり、また自分自身が母親になることで感じる、子どもの頃にはわからなかった母親の偉大さや日常の愛おしさに気づいたりと、読む人を次々に虜にしている『おかあさんとあたし。』。

読んだあとはきっと心がほっこりと温かい気持ちなっているはずですよ。ぜひ読んでみてくださいね♪

TOP PHOTO/Evgeny Atamanenko/shutterstock

参照/

k.m.p「おかあさんとあたし。」

k.m.p.の、ぐるぐるPAPER

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ