山口紗弥加演じる“正義のモンスター”に振り回される3人の女優が判明!

ザテレビジョン

2019/1/14 07:00

山口紗弥加が“主演を務める、2月2日(土)スタートの土ドラ「絶対正義」(夜11:40-0:35、フジテレビ系)の追加キャストが発表された。本作は、人間の本質をえぐり出す“イヤミス”小説として注目を集める秋吉理香子の代表作「絶対正義」(幻冬舎文庫)が原作で、正し過ぎる“絶対正義の女”に4人の友人たちが翻弄(ほんろう)される心理サスペンスだ。

間違ったこと、法を犯すものが許せない“絶対正義”の持ち主、高規範子(山口紗弥加)。妊娠を機に専業主婦となった彼女は、高校時代の友人4人と再会する。それによって友人たちの日常がほころび始め、やがて絶望的な破綻へと突き進んでいく。範子が狂気じみた正義を貫く理由とは…。そんな彼女に対して、4人がとった行動とは…?

今回発表された追加キャストは、範子に振り回される友人4人のうちの3人。美村里江は、専業主婦のはずが夫のリストラで生活が一変し、子供を抱えながらアルバイトを掛け持ちする西山由美子役。痴漢から救われたことを機に、範子の正義感を誰よりも信じている。

片瀬那奈は、外国人の夫と裕福に暮らす一方で、子供ができないことに悩む理穂・ウィリアムズ役。かつて盗難事件の犯人に疑われたとき、範子が真犯人を見つけ出してくれた。

桜井ユキは、大手出版社を退職し、ノンフィクション作家を志す独身のフリージャーナリスト・今村和樹役。範子に感謝をしていることもあるが、高校時代から彼女の正義感に対して、強い疑問を持っている。

■ 美村里江コメント(西山由美子役)

由美子は、ぱっと見一番平凡で無害そうに見える人物ですが、こういう人の方が煮詰まると思いがけないことを巻き起こすのかもしれません。そういう意味では余白の多いキャラクターなので、丁寧にリミットを作らずのびのび演じたいと思います。

女性5人の中で最も平凡なのが由美子、非凡なのが範子だと思うので、(山口)紗弥加さんの範子をよく見て、人間臭い由美子像を作っていきたいと思います。

■ 片瀬那奈コメント(理穂・ウィリアムズ役)

理穂は、学生のころから勉強ができて、友達付き合いも良く、学生時代から外国人に興味を持っていたような子の印象です。4人の中では空気の読めるバランサーで、仕事と家庭を両立しつつ、平和に暮らしたい人のイメージがあります。

主演の山口紗弥加さんとは、以前共演した時も本当に楽しかったです。明るくて面白いさやちゃんが演じる範子の豹変っぷりをとても楽しみにしています。

■ 桜井ユキコメント(今村和樹役)

和樹は、頑固で一本筋。でもそれが故に自分の印象やパフォーマンスを優先してしまう不器用な女性という印象です。そして、「正義」というものに対して既に疑問を抱いている、アンテナの強い女性だとも思います。

山口紗弥加さんとは、ご一緒させていただくのは今回が2度目となりますが、範子とはかけ離れた、とてもチャーミングな女性という印象です。だからこそ山口さん演じる範子という人物が楽しみであり、恐怖です。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175763/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ