進退をかける稀勢の里、御嶽海に押し出しで敗れる! 館内に「ため息と座布団」

AbemaTIMES

2019/1/13 18:42


<大相撲初場所>◇初日◇13日◇東京・両国国技館

11月に行われた九州場所では、不戦敗を含む5連敗で六日目から休場。この初場所に進退をかける横綱の稀勢の里(田子ノ浦)が小結の御嶽海(出羽海)に押し出しで破れ、初日を白星で飾ることができなかった。

AbemaTVの中継で解説していた元前頭・北太樹の小野川親方は「御嶽海は稀勢の里が得意とする左を差させないよう、右を固めていました。一方の稀勢の里は、少し腰が高かったかもしれませんね」と解説した。

 なお3大関が敗れた波乱の初日、結びの一番でも起こった波乱に、館内には座布団が舞い、大きなため息が沸き起こっていた。稀勢の里は土俵を割った瞬間、表情を変えずに天井に目を遣っていた。

(C)AbemaTV

1/13 19:00~ AbemaTV大相撲ダイジェスト

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ