お兄ちゃん最高!西野七瀬ラスト紅白、バナナマンの粋演出に乃木坂46ファン涙

アサ芸プラス

2019/1/13 17:59


 お笑いコンビ・バナナマンが18年大みそかの「NHK紅白歌合戦」にサプライズ出演を果たし、冠番組「乃木坂工事中」(テレビ東京系)で共演する乃木坂46と、同グループのファンを喜ばせた。今回で4回目の出場となった乃木坂だが、この日のパフォーマンスで絶対的エースであった西野七瀬がグループとしての活動を終了。ファンとしては見逃せないステージとなった。

しかし、多くのファンがこの日を迎えるまでの心境として西野のラストステージで唯一物足りないと感じていたのが、乃木坂の“公式お兄ちゃん”と呼ばれ、親しまれているバナナマンの存在だった。

「バナナマンは14年から17年まで3年連続で同番組の副音声『紅白ウラトークチャンネル』を担当。乃木坂が結成した当初から冠番組で共演しているという間柄とあって、乃木坂のパフォーマンス時には、他のアーティストのパフォーマンス以上に盛り上がっていたりと、ファンたちもその絡みを紅白で見るのが毎年の楽しみになっていた。しかし、18年はその副音声をサンドウィッチマンが担当。そのため、西野のラストステージをバナナマンが見届けてあげられないことをファンは残念に思っていたようです」(アイドル誌ライター)

しかし、歌唱前に、西野の両親からのサプライズメッセージを紅組司会の広瀬すずが代読すると、西野の両親のもとに行ったのがバナナマンであることが明かされ、メンバーたちを驚かせた。さらにサプライズはそれだけでは終わらず、乃木坂のパフォーマンスが始まると、副音声にバナナマンがサプライズ登場。

まさかのバナナマンの登場にはサンドウィッチマンらも驚いていた様子だったが、バナナマンの設楽統はそんなこと関係なしに「なんで座ってるの? 立たないと!」と、立ちあがって乃木坂のパフォーマンスを応援するように指示。同じくバナナマンの日村勇紀も「西野、頑張れ」と、周囲を気にせずに卒業する西野へ大声でエールを送っていた。

パフォーマンス終わりには乃木坂のメンバーたちもバナナマンの登場に気付き、設楽が「乃木坂最高だったよ!」と伝えると、満面の笑顔を見せている。当然、バナナマンのまさかの登場は乃木坂ファンも予想外だったようで、「バナナマン、今年は出ないと思ってたからビックリ!」「この登場の仕方は反則だって…普通に泣いちゃったよ」「大声で叫ぶお兄ちゃん、嫌いじゃないです」「素敵な兄妹の絆に感動しました」などといった声が上がるなど、全乃木坂ファンに感動を与えたようだ。

「日村は他局の特番『ガキの使い!大晦日年越しSP!』(日本テレビ系)の序盤に出演していたこともあって、今回は紅白にバナナマンが出ないことがより濃厚といった状況が出来上がっていた。そんな中でのあの登場の仕方はズルいですよね(笑)。なぜ、会場に現れたのかを聞かれた設楽は『(ウラトークは)卒業したんだけど、やっぱ、乃木坂のところだけはちょっとごめんね』と、その理由を恥ずかしげもなく、素直に伝えており、よりファンの涙を誘ったようですね。思わず、サンドウィッチマンからも『そういう出方いいな~』という本音がこぼれていました」(前出・アイドル誌ライター)

乃木坂のメンバーたちも最高のお兄ちゃんを持ったことをこの日改めて実感したことだろう。

(石田安竹)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ