ピンク髪で一躍注目!横浜流星が5日に1回髪を染めて表現するものとは?

ザテレビジョン

2019/1/13 17:00

続々とスタートしている1月クールドラマ。各局の情報番組やバラエティー特番にその出演者たちが宣伝を兼ねてゲスト出演し、華を添えている。中でもピンク色の髪でひときわ注目を集めるのが俳優・横浜流星だ。

横浜は、深田恭子主演のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(1月15日スタート、毎週火曜夜10:00-11:07、TBS系)で“超がつくおバカ高校に通う不良少年”由利匡平(ゆり・きょうへい)を演じる。深田演じる予備校講師・春見順子とともに東京大学受験に挑む。

■ ピンク髪は「このお話でとても大切な部分」

年始のバラエティー特番も、鮮やかなピンク髪で席巻中。1月1日放送の「関口宏の東京フレンドパーク元日SP」や3日放送の「プレバト!!」新春3時間スペシャルに深田とともに登場した。「プレバト!!」では深田とともに生け花に挑戦、「―フレンドパーク」では飛び出してくるネズミを時間内にやっつける「チュチュバスターズ」に参加しラスト4秒でクリアするなど見せ場を作り、SNSでは「あのピンク髪の俳優さんは誰?」と話題を集めた。

この奇抜なカラーリングは、持田あきによるドラマ原作コミック「初めて恋をした日に読む話」で描かれている匡平のビジュアルを再現したもの。

髪を染色すると、色落ちも早い。何回も色を入れると髪がダメージを受けるだけでなく、色が微妙に変化してシーンが合わなくなる可能性もある。ウィッグという選択肢もあったが、横浜は地毛を実際にピンクに染めて臨んでいる。横浜自身、ビジュアル解禁時には「匡平が髪をピンクに染めている、というのはこのお話でとても大切な部分だと思っています」と意気込みを語っていた。

よりリアルで自然なピンク色を出すため、監督やスタッフと試行錯誤を重ねた。大きな挑戦だったが、きれいな発色で自然なピンク髪が実現した。

11月中旬のクランクインから約2か月が経つ現在も5日に1回の頻度で髪を染めている。横浜もイベントなどで「髪の毛がどんどん変化してってます(笑)。もともとはサラサラだったんですけどちょっと変わってきていて…撮影終了までに髪の毛が全部とれないか心配です」「ちょっと今ね、けっこうきていて…髪が。頑張れ、俺の毛根」とコメントしており、苦労がしのばれる。

共演者にとっても“ピンク髪”のインパクトは強烈なよう。ドラマ関連のイベントでは、必ず共演者からも髪についてのコメントが飛ぶ。昨年12月24日に行われたXmasスペシャルイベントでは、「(鏡で見た姿に)まだ慣れないです…」と話す横浜に、共演の中村倫也が「まだ慣れないんだ?1か月は経ってるよね」と興味津々。「保険とか入っておいた方がいいんじゃない?髪保険」など、髪色をネタに会場を沸かせていた。

■ 「ただの不良少年ではない」匡平の成長を描く

とはいえ、演じる由利匡平は単なる粗暴な不良少年ではない。本来は優秀だが、高級官僚で学歴至上主義の父親への反発心からグレてしまったという役どころだ。ドラマでは、そんな匡平が順子と出会い、自分の本当の人生を見つけていく過程が丁寧に描かれていく。横浜自身、「このピンク髪とともに、ただの不良少年ではなく根は真面目で真っ直ぐな匡平の、厳格な父親との関係性を丁寧に、繊細に、作っていきたいと思います!」と意気込みを語っている。

主要キャストの成長は、ドラマを面白くする重要な要素のひとつ。成長の度合いが大きければ大きいほど、その差が原動力となってドラマは盛り上がり、視聴者を引き込んでいく。“超がつくおバカ高校の不良生徒”と“東大受験”のギャップは、ストーリーを盛り上げる仕掛けとして非常に魅力的だ。ピンク髪は、未来をあきらめた不良少年・匡平を端的に示すアイコンなのだ。

ピンク髪でバラエティー番組に登場した横浜に、視聴者からもさっそく反響が上がっている。SNSなどでは「ピンク髪の人がすごく気になる!髪色すごくキレイ」「ピンク髪の横浜流星、想像以上に似合ってる!!ドラマも楽しみ!」「こんな髪色がナチュラルに似合うってイケメンは凄いな。ドラマ化やめてって思ってたけど秒で許した」といった声が続々。放送スタート前から抜群の宣伝効果を発揮している。

5日に1回染め直すという手間も、髪が傷む代償もいとわず、髪をピンクに染めた横浜が由利匡平の成長ぶりをどう表現してくれるのか。そして、その成長が順子の人生にどうかかわっていくのか。ドラマ「初めて恋をした日に読む話」に注目したい。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175751/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ