お酒がのめない! 飲み会どうする? お酒の勧めを上手にかわす方法

yummy!

2019/1/13 15:00


お酒がのめない! 飲み会どうする? お酒の勧めを上手にかわす方法

季節は年末年始、なにかと飲み会が増えますよね。お酒が好きな方は楽しい時期ですが、お酒が飲めない方にとってはつらい時期です。
今回は下戸の筆者がお酒が飲めない方に向けて、お酒のすすめを上手にかわす方法を考えていきます

1.飲み会に行かない



お酒を断る方法として最も手っ取り早いのは、飲み会を断ってしまう方法です。
しかし無下(むげ)に断っては、後の人間関係に響きかねません。断り方が大切ですよね。
大切なことは、他意なく、ただお酒が飲めないから断っている、と納得してもらうことです。
「飲み会に行きたくない」ではなく、「少しでも飲むと体調不良になる」「体質的にお酒を受け付けない」などお酒が飲めないことを主体としてお断りをしましょう。
ちなみに筆者は家族皆お酒が飲めない体質なので、それを話すと“お酒が飲めない人”と認識され、差し障りなく飲み会をお断りできたりしています。ちょっとかわいそうとも思われますが、断る理由に困った場合は使ってみてください。
参加はできないけれど、誘われたこと自体は嫌でなかった場合、「代わりに今度ランチでも」とあなたから誘ってみてはいかがでしょう。お互いに嫌な気持ちにならず、人間関係を保つことができますよね。

2.普段からお酒が飲めないことを話しておく



いつも飲み会を断っていては、申し訳ない気持ちにもなります。また年末年始は特に忘年会や新年会など、どうしても断れない飲み会もあります。
飲み会に参加する場合に大切なことは、当日までの行動です。お酒は飲めないけれど、ソフトドリンクでも酔える、お酒を飲まなくても場の空気で酔える、などと周りの参加予定者に話しておきましょう。
事前に話ができなかった場合は、飲み会の席で幹事や周りの方にお伝えしてください。
ポイントは、“お酒を飲まなくても楽しくなれる”と分かってもらうことです。
席でお酒を無理にすすめられたら、既に十分楽しんでいることと、お酒を飲むと逆に楽しくなくなってしまうことを伝えましょう。それでもすすめてくる場合は、お手洗いに立つふりをして幹事に相談に行くのも一手です。
また話の流れで「お酒は飲めないけど、飲み会自体は好き」と言いがちですが、これは飲み会に誘われる頻度を増やしてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

3.そもそもなぜ飲み会が開かれる?



なぜ飲み会は開かれるのでしょうか?それは飲み会を企画する方が、お酒を飲み日頃言えないことが言えるような空間で、より皆と仲良くなりたい、と思っているからではないでしょうか。
つまり、「お酒に酔う=楽しい=みんなと仲良くなる」というイメージです。
飲みニケーションという言葉もありますし、ある意味、飲み会は参加者と仲良くなる良いきっかけとも言えます。
しかしお酒が飲めない人にとって飲みニケーションは、全く喜ばしくありません。飲みニケーションでイメージされる「お酒に酔う=楽しい」という状態になれないからです。
相手はお酒を飲むことで、あなたと仲良くなりたいと考えています。つまりお酒がなくても十分に仲良くなれるということを分かってもらえれば、あなたが無理をしてお酒を飲む必要はありませんよね。

おわりに



お酒がのめない人にとって、飲み会はいつも悩みの種。しかし、飲み会でしかできない話があるのも確かです。
せっかくの飲み会です。下戸だってソフトドリンク片手に、楽しく過ごしたいものですね。
(西 繭香/ライター)
photo by. https://www.photo-ac.com/

当記事はyummy!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ