須田亜香里、山口真帆の帰宅時間を教えたNGT48メンバーに「アイドルの品格ない」と批判→称賛殺到

しらべぇ

2019/1/13 14:30




13日放送の『サンデージャポン』(TBS系)にSKE48・須田亜香里がVTR出演。NGT48・山口真帆に対する暴行問題について持論を展開した。

■「運営だけが悪いと思いたくない」と持論


番組では女性記者が須田亜香里に「(NGT48)の運営批判がされている。それについてどう思うか」と質問する。すると須田は

「私は運営だけが悪いっていう風には現状思いたくはないですね 」

と運営の責任だけを問い続ける世間の論調に異を唱える。

■「アイドルの品格」が欠けていると批判


続けて須田は

「もちろん運営も悪いところはあったと思うし、その一部のファンの方も絶対にあってはいけないことをしてしまったとは思うんですけど。

帰宅時間を教えてしまったメンバーがいたりだとか、メンバーがアイドルとしての品格をちゃんと保ってさえいれば、ファンの方との距離感で帰宅時間を教えるっていうことはありえなかったと思う 」

山口真帆の帰宅時間を教えたNGT48のメンバーの責任にも言及する。

■帰宅時間を教えたメンバーの進退に言及


さらに須田は、

「いつになるのか分からないけど、関わったメンバーは自分の気持ちでアイドルを続けるのか、まあもしかしたら卒業っていう道を選ぶのか。そこは自分の気持ちなのかなって私は」

とし、帰宅時間を教えたメンバーについて、「進退を考えたほうがいい」という見方を示した。

■加害者不起訴について細野弁護士が見解


その後番組では事件について議論が展開され、出演者陣から「容疑者を不起訴にするのはおかしい」という声が噴出。この件について細野敦弁護士は「情報が少ないので詳細はわからない」と前置きしたうえで、

「悪質性がなかったのか。あるいはメンバーの一部関与が犯罪性がないにしても何かあって、それが女性同士のドロドロみたいなところでね、警察としても入り込めないところが、事件の本質としてあったのかなという感じもしますね」

と見解を語った。

■須田亜香里の発言に称賛


公になっていない部分が多いなか、運営だけではなくNGT48一部メンバーについて「品格がない」と批判した須田亜香里に称賛の声が殺到している。











■番組後Twitterで補足


さらに『サンデージャポン』放送後、須田亜香里は自身のTwitterで以下のように「発言の真意」を告白している。







普段は明るく笑顔を絶やさない須田亜香里だが、この問題については同じグループのメンバーとして真剣に向き合い、苦悩しているようだ。

■適切な措置を


多くのメンバーを抱える48グループ。今回発生した事件については所属メンバーそれぞれがSNS上で私見を述べるなど、大きな問題として考えている様子。

しかし運営サイドは必要最小限の情報提供に留めており、事件に対する認識や対応に温度差があるといわざるを得ない。48グループに所属するメンバーがこれ以上「恐怖」を感じ、苦悩しないためにも、運営による詳細説明と適切な措置を望みたい。

・合わせて読みたい→NGT山口暴行事件、加藤浩次の発言に「これ以上ない正論」と称賛相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ