深田恭子「すぐに落ち込む」マイナス思考を悩む一方、中村倫也には大胆なムチャ振りも

TBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(1月15日スタート)からメインキャストの深田恭子、横浜流星、中村倫也が1月12日放送のバラエティ番組『王様のブランチ』にVTR出演した。和やかにインタビューが進む中、深田は「人前で弱みを見せますか?」との問いに意外な答えを返してブランチリポーターを驚かせる。

前日、『ぴったんこカン カン』にも出演していた深田恭子。“ちょい不良オヤジぶらり旅”の企画で高田純次、梅沢富美男、石原良純と銀座のおでん屋を訪れ、3人に「すぐ落ち込んじゃったり、あんまりポジティブじゃなくて…」と悩みを相談していた。

そんな彼女は『ブランチ』の質問にも口ぐせが「もうダメだ」「これはまずい」で、弱みを声に出してすぐ言っちゃうタイプだと明かしており、水泳が得意で活発なイメージとは違う一面をのぞかせたのである。

ただ、中村倫也によるとドラマ撮影の合間に深田が出演したミュージカルの話題になり、彼が「あの曲好きでした」と口にした瞬間に腕を掴まれてピアノがあるところまで連れていかれ、ピアノを弾きながら「歌ってよ!」とムチャ振りしてきたという。

中村からエピソードを明かされた彼女は「ちょっと小声で歌ってくれました」と微笑んでおり、テンションが上がるとマイナス思考を払いのけて行動的になるようだ。

画像は『TBS公式【初めて恋をした日に読む話】 2018年12月25日付Instagram「皆さんMerryChristmas」』『深田恭子 2018年11月24日付Instagram「皆様お久しぶりです!急に寒くなりましたね」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ