舞台「FGO」第2弾主演の坂本澪香に初演後緊急取材「少しでも生きる力、エネルギーとなれば」

ザテレビジョン

2019/1/13 12:00

人気RPG「Fate/Grand Order」の舞台化作品として2017年7月、10月に上演された「Fate/Grand Order THE STAGE-神聖円卓領域キャメロット-」(計21公演)。2018年2月発売のBlu-ray&DVDも大きな話題を集めた同舞台の第2弾となる新作「Fate/Grand Order THE STAGE-絶対魔獣戦線バビロニア-」が1月11日より大阪・サンケイホールブリーゼでスタートした。大海将一郎とともにWキャストで主演を務めるのは、舞台3作目となる現役女子高生の坂本澪香(18)。12日にWキャスト女性マスターの初日を迎えた坂本に終演後、緊急インタビューを敢行。初の主演を演じる同作へ懸ける思いを聞いた。

ーー舞台出演3作目にして人気作「FGO」主演。大役を任されどのような思いですか?

坂本澪香(以下、坂本)「主演という大役を頂き、嬉しく感謝の気持ちでいっぱいです。舞台女優としてのキャリアはまだ浅く、1年目ということもあり不安も大きくありました。自分の精神面、技術面、大きく変化していけるように取り組んで行きたいと思っています」

ーー改めて本作「Fate/Grand Order THE STAGE-絶対魔獣戦線バビロニア-」の魅力を教えてください。

坂本「当たり前な事ではありますが、登場人物一人一人それぞれの思いの中で1つの目標に向かって達成していく生き様が魅力的だと思います。その人物の生い立ち、経緯を知って見て頂ければ、もっと世界が広がり、知れば知るほど深くハマっていくのも魅力です。私は普段ゲームをしないのですが、どっぷりとハマりました。この身をもって検証済みです(笑)。またキャラクターも可愛い&格好いいので可愛がりたくなる要素も魅力だと思いますね」

ーーでは、演じる藤丸立香の魅力はどんなところだと思いますか?

「藤丸立香は、とてつもなくポジティブ! かつ潔く物事を見ることが出来る事ができる人物です。少しでも希望があるならそれにかけてみよう。結果が出なくてもそれまでの過程が大事なんだ。そう思えるようなポジティブさと潔さがなによりも魅力的だと感じています。ゲームの中であれど、前向きに生きることがどれだけ生活を左右させ、影響を与えるのかということを教えてくれました。魅力的!」

ーーでは、坂本さんと藤丸立香の似ているところ、似ていないところなどあれば教えてください。

坂本「藤丸立香と坂本澪香は根性があるところが似てると思います。山を乗り越え重ねていくための努力も時間も惜しまない。他がやらないなら私がやる。やり通してみせる!という強い根性。当たり前なことではあるけど一番大切なことだと思うのでこれからも藤丸立香が持っている人間としての強さをさらに見習いながら成長していきたいです。んー、似ていないところといえば突拍子も無く、思いついたら即行動する!ところですかね(笑)。私は割と慎重派なもので(笑)」

ーー藤丸立香は大海将一郎さんとの男女Wキャストですが、演じる際に男女によって変わる点や共通点があれば教えてください。

坂本「基本的に段取り、台詞は同じだけど台詞の受け取り方、重量は違うなと思います。男性マスターの大海君の受け取り方を聞いて勉強になった事もたくさんありました。そういう取り方もあるね!!って。共通するところはWキャストの分、稽古量に偏りが見えた時、不安になる事(笑)。稽古場で、あれ、ここどうだっけって言い合っています(笑)。お互いに確認し合いました(笑)」

ーー稽古で苦労したこと、役作りの面で大変だったことはありますか?

坂本「稽古で苦労したところは前芝居です。相手と向き合って会話ができないので言葉を聞いて体で感じ取る訓練をたくさんしました。役作りとして紀元前メソポタミアについて勉強し、メソポタミアの全てを見ました。勉強中の感動はいまでも忘れられません。私達が日常的になっている事がこんなにも昔からあったんだ!という発見もありました。時代とともに薄れるものが多い中、こうして残っている事を大事にしていくべきだと思います」

ーーRPGの世界観を舞台で表現する、というのは難しそうですね。

坂本「藤丸立香として生き、人理を修復するということを考えた時の非現実さに迷子になりました(笑)。そんな私をDr.ロマン役の井出卓也さんが常に相談に乗ってくださり救ってくれました。救ってくれただけでなく今後にも繋がる事をたくさん教えてくださって。カルデアのパパ。感謝しかないです。私の演技の注目ポイントは全てです!ざっくりですみませんが(笑)。シーン別に喜怒哀楽焦疑素驚、ほか。全て盛り込まれているので感じていただけたら幸いです」

ーー井出さんのお話もありましたが、共演者同士でのエピソードが他にもあれば教えてください。

坂本「共演者の方々といるだけで、楽しい毎日だったので、エピソードが多すぎます。話し切れないですね(笑)。皆さん私より年上ですが、対等に気さくに話してくださり、優しく面白く、個性的で頼れる方々ばかりです。とにかくカンパニーが大好きです(笑)」

ーー高校生としては最後の舞台、特別な思いはありますか?

坂本「そうですね、高校生最後ということに関しての特別な気持ちは特にないです(爆笑)。いつも通り何時も新しい気持ちで取り組み、今まで培ってきた事と新しく身につけた事を活かし役を生きたいと思います」

ーー大阪公演、そして東京公演とまだまだ続きます。意気込みを教えてください。

「女性主人公という大役を頂き、大変嬉しくとても光栄です。自分にしかできないマスターとして責任を持ち、奈須きのこさんをはじめFGOを愛する方々、大好きなキャストの皆さんと共にレイシフトできることに感謝しながら最後まで生き抜きたいと思います!あとは目一杯楽しみます(笑)」

ーーありがとうございました。最後に劇場に足を運ばれる観客の皆さんにメッセージをお願いします。

「観に来てくださる方々、劇場まで足をお運びくださりありがとうございます。みなさまが『観に来て良かった』『また明日を大切に生きよう』そう思ってくださるように。少しでも生きる力、エネルギーとなれば幸いです。つかの間ではありますが楽しんでくださると嬉しいです。お待ちしております」

本作「第七特異点 絶対魔獣戦線 バビロニア」は、神が人間と共存していた最後の時代、紀元前2655年の古代メソポタミアが舞台。ギルガメッシュ王が統治するウルクは、三女神同盟と魔獣の侵攻によって滅亡の危機に。神秘が残る最後の時代、マシュとマスターは人類史を守ることができるのか?というストーリー。脚本・演出・作詞は福山桜子。藤丸立香役の大海、坂本のほか、ギルガメッシュ役に丘山晴己、エルキドゥ役に山崎晶吾、マシュ・キリエライト役にナナヲアカリらが出演する。

大阪での公演は1月14日まで、続いて1月19日(土)~27日(日)に東京・日本青年館ホールで上演される。また、東京公演の女性マスター千秋楽(26日17:00開演)、男性マスター千秋楽(27日12:00)がDMM.comにてライブ配信されるほか、同2公演はライブビューイングも実施される。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175746/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ