東山紀之、暴行被害のNGT山口真帆を心配「運営側の意見聞きたい」


俳優の東山紀之が、13日に生放送されたテレビ朝日系情報・報道番組『サンデーLIVE!!』(毎週日曜5:50~8:30)で、NGT48・山口真帆が暴行被害を受けたことについてコメントした。

山口が昨年12月、新潟市内の自宅マンションに帰宅した際、玄関前で2人の男に暴行された今回の事件。運営側は「本人から公表する形になってしまったことは、本人やファンの皆様への説明や対応が不十分だった」と謝罪し、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と報告。防犯ベル支給などの再発防止策を発表していた。

番組内で山口が劇場公演で謝罪する映像が流れた後、東山は「女性ですからね。アイドルタレントさんだし。そういう意味での恐怖はものすごく感じたと思います」と同情。「周りが守ってあげないといけない」と思いやり、「運営側の問題がいろいろと指摘されていますから、そこの意見も聞いてみたい」と運営側の見解を求めた。

元プロビーチバレー選手でタレントの浅尾美和は、現役時代にファンから尾行されたことを告白。自身は「怖い思いはしたことがない」としつつも「本当に怖い時は防犯ベルを取り出せる状態じゃない」と語り、「若い人がたくさん所属するグループ。親御さんから預かっている若い命なので、もう少し大切にしていただきたいと本当に思います」と訴えた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ