「三四郎」小宮 23歳で患った奇病とは 医師も驚がく「人間ではなかなかかからない病気」

 お笑いコンビ「三四郎」の小宮浩信(35)が12日放送のフジテレビ「人志松本のすべらない話」(後9・00)に出演。診察した医師も驚がくしたという、過去に患った奇病について語った。

 「23歳くらいのときに奇病にかかりまして」と切り出した小宮。両目にものもらいができ、前が見えない状態で眼科に行ったところ、診察室に入るやいなや医師が「うわぁ~、こりゃ何だ!」と驚きの声を上げたという。

 麦粒腫(ばくりゅうしゅ)と霰粒腫(さんりゅうしゅ)という、種類の違う病気を同時に患うという特殊な症例だったようで、医師は「これはね、人間ではなかなかかからない病気なんですよ。ものもらい1個ずつは分かりますけど、しかも、種類が違う。これって馬と老犬しかかからない病気です」と興奮気味に説明。その後もボルテージが上がっていき、最後は「こりゃすごいや!学会とかに提出していいですか?」と尋ねてきたという。

 「普通の薬をわたされて。治りましたけど…」と小宮。それでも当時の医師の対応を振り返り「お医者さんとして失格。『こりゃ、だめだ』って言うお医者さん見たことあります?」と必死に訴えていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ