横山由依「総監督として運営に厳しく言った」NGT暴行被害で語る

 AKB48グループ総監督の横山由依(26)が12日、東京ドームシティホールで行われたチームAのコンサートに出演した。新潟県を拠点に活動するNGT48の山口真帆(23)が昨年12月にファンの男2人から暴行被害を受けた事件が明らかになってから初めてのAKBコンサート。横山は冒頭のあいさつで事件に言及し「運営に厳しく言った」と、48グループ運営関係者に改善策の徹底を求めたことを明かした。

 NGTだけにとどまらず48グループのメンバー全員に衝撃を走らせた山口真帆の事件。コンサートのオープニングで、出演メンバー20人が4曲を続けて披露した後、総監督の横山が険しい表情でマイクを握った。

 2000人の観客を前に「報道でご存じの方もいると思いますが、起きてはいけないことが起きてしまいました」と説明。にぎやかだった会場がシーンと静まりかえる中で「皆さんにご心配をかけてしまい、本当に申し訳ありませんでした」とファンに謝った。

 9日に事件が発覚してから3日たった今も問題解決からほど遠い状況。NGTの運営側は改善策としてメンバーへの防犯ベルの支給などを挙げたが、HKTの指原莉乃(26)がツイッターで、事件時の防犯ベルの効力のなさを訴えるなど、メンバーからも運営側の対応を疑問視する声が相次いでいる。

 横山は「私も総監督として、今後の対応について運営に厳しく言わせていただきました」と表明。具体的な進言について語らなかったが、コンサート後に関係者がその内容は「再発防止策の徹底」「メンバーがファンと活動するに当たり、安心かつ安全な環境づくりの徹底」の2点だったことを明かした。

 横山は2009年にオーディションに合格。当初は地元の京都から長距離バスで東京まで通い、途中から寮生活も経験しているだけに、山口のように地方でメンバーと同じ場所で暮らす大変さや難しさを熟知している。

 関係者は「横山には総監督としての立場だけではなく、同じ地方出身のメンバーとしての山口への思いもあるようだ」と話した。

 米誌「TIME」(ウェブ版)が被害者の山口が謝罪したことに不可解さをにじませた記事を掲載するなど、海外にまで波紋を呼んでいる今回の事件。NGTの元キャプテンで卒業生の北原里英(27)やメンバーが憤っているのも、運営側が公演で山口に謝罪させたことだった。

 指原や北原らに続いて総監督・横山が放った強烈なメッセージ。運営側には徹底した対応と、公の場での事実説明が求められることになりそうだ。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ