ベートーヴェンの故郷、ドイツ・ボンで訪れるべきスポット5選

GOTRIP!

2019/1/11 08:37

ドイツ西部を流れるライン川沿いの文化都市ボン。1949年から1990年にかけての東西ドイツ時代には西ドイツの首都として機能し、東西ドイツ統一後も国家中枢機能を一部引き継いできました。

ベートーヴェンが誕生し、シューマンが終焉を迎えたなど、音楽家とのゆかりも多いボン。今回はそんな文化薫る町で訪れるべきスポット5ヵ所を紹介します。

1. ベートーヴェン・ハウス



ボンで必ず訪れたいのが、2020年に生誕250年を迎えるベートーヴェンにまつわる博物館。ここには彼直筆の手紙や楽譜のほか愛用だったピアノや補聴器が展示され、偉大な音楽家の輝きと苦悩に満ちた一生を振り返ることができます。

また博物館の建物はベートーヴェンが誕生した家でもあります。彼の誕生から4年ほどで一家はこの家を去りますが、世界を代表する音楽家がかつて同じ場所にいたのかと想像するだけでも、クラシックファンにとってはたまらないひと時でしょう。

2. ハリボー・ストア



世界最大のグミ会社であるハリボー。定番ともいえる熊の形をしたグミから「世界一まずい」といわれるラクリッツ味のグミまで、数えきれないほどの種類のグミは老若男女問わず大きな人気を誇ります。

1922年にボンで誕生したハリボーですが、発明者の「ハンス・リーゲル」と「ボン」から頭文字を取って名付けられたという事実は知らない人も多いのではないでしょうか。



店内ではグミはもちろん、クッションやカップなどのハリボーグッズも充実。組みの量り売りコーナーもあり、色々な種類のグミを少しずつ買うことも可能です。

3. ボン大聖堂



町の中心に堂々とそびえるのは、13世紀に完成したボン大聖堂。建設時期がロマネスク様式からゴシック様式への過渡期とかさなることから、ロマネスク、ゴシックそしてバロックの要素が組み込まれています。中でも見逃せないのが、大理石の祭壇とコンスタンティヌス1世の母である聖へレナの銅像。

2019年1月現在、大聖堂は修復作業の為立ち入りが不可能となっています。工事が終わるのは2019年夏の予定です。

4. ホーフガルテン



町なかの人混みから離れてゆっくりしたい時に訪れたいのが、旧市街の南東に広がるホーフガルテン。庭に面している黄色い宮殿は、現在では大学機関として使用されています。



並木道にはベンチが並び、天気の良い日にはここでくつろぐ地元の人や学生たちの姿が。現在ののんびりした雰囲気とは一転、ボンが首都であった西ドイツ時代にはこの場所で平和や反原発を訴える様々なデモが行われました。

5. 旧市庁舎



旧市街を散策していると、その優雅な外観からひときわ目を引くのがボン市庁舎でしょう。ロココ様式の装飾が施されたファサードは、いつまでも見ていたいほどの美しさ。



またボンが西ドイツの首都だった時代にはケネディ大統領、旧ソ連のゴルバチョフ書記長、フランスのシャルル・ド・ゴール大統領など偉大な政治家が町を訪れ、この市庁舎の前で演説を行いました。そんなストーリーからは、かつてドイツの中心としてこの町がいかに重要だったのかを改めて認識させられます。

小さい町ながら音楽、歴史そして政治の様々な歴史が詰まったボン。ベートーヴェン生誕250年を迎える2020年にはイベントも多数開催され、この町からますます目が離せません。

Post: GoTrip! https://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ