AKB48小嶋真子、TDCのチームK公演で卒業を発表「すごく前向き」

dwango.jp news

2019/1/12 22:12


AKB48グループが、1月12日(土)より8日間に渡り開催する全15公演のイベントが幕を開けた。初日夜公演として行われた「チームK単独コンサート~チームKのKってなんのK?~ 」のアンコールで、メンバーの小嶋真子が卒業を発表した。



以下、コメント。

わたし小嶋真子はAKB48を卒業します。

チームKの初めての大きいコンサートなので、ここで時間をもらうのは迷ったんですけど、自分の大好きなチームのメンバーと観たいといってくれたファンの方と来てくれた家族やお友達とかみんながいる前で言いたいなと思って、今日時間をいただくことにしました。泣いちゃいそうだ…。

わたし15歳から21歳までAKB48にいて、6年半いさせてもらって、たくさんのことを経験させていただいて、やっとここ2年くらいかな、新しい目標を夢を見つけて、それの準備を最近コツコツとしてまして、やっと旅立つ準備ができたかなと思って、だからすごく前向きな卒業で、決して皆さんの前からいなくなることもないですし、これからも応援してもらおうとも思っています。

グループにいながらも、追える夢かもしれませんけど、私はたくさんAKB48にお世話になって、いっぱい学んで、中にいなくても外にいてもAKB48のためになることができるんじゃないかなと思って、自分のためにも外に一歩出て、地に足を付けいきたいです。

成功するかわかりませんけど、怖いけど、頑張るって決めたから、いっぱいお世話になった方に恩返しするためにも、頑張るので、自分らしくこらからもしっかり夢を追い続けて、一生懸命に頑張るので、これからも皆さん是非これからもAKB48とチームKの応援を引き続きお願いします。

小嶋は2013年加入のAKB48 14期生。同期の岡田奈々、既に卒業した西野未姫の3名で「三銃士」と呼ばれ人気を博した。 昨年の「世界選抜総選挙」では19位。卒業時期は未定だが、今後も芸能活動は継続する。

ⓒAKS

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ