三浦春馬さんインタビュー♡『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』に込めた思いとは?

TCM

2019/1/12 21:00

進む先に迷っている人にも、この映画を観てほしいです


大泉洋さん演じる鹿野は筋ジストロフィーとして日々を生きているんですけど、このお話をいただいたとき自分もドラマで 、ALSという難病の役をやっていたことを思い出しまして。筋肉が弱っていく役どころを演じる大変さが想像できたので鹿野さんをサポートするような形で、自分も大泉さんに対して何か手助けができたらいいなと撮影に臨みました。

僕の演じた田中は医学生で、鹿野ボランティアのひとりです。医師である父親よりも患者に寄り添った医療をめざしてボランティアに参加するんですが、そこで人に踏み込むことの難しさを初めて経験して。自分はこの職業に値するんだろうか、ただの偽善者じゃないのかって悩んでいく。それは彼の真面目さからくる葛藤なんですよね。でも、何かにつまずいている人や、迷っている人たちは、めざしていたゴールへ向かうプロセスに自分の気持ちがともなっていなくて、だから進む先がぼやけてしまうことが多いと思うんです。

これは僕の実体験からも感じることで、そんなに気持ちはいつもついてくるわけじゃない。でも、気持ちがついてこない自分がイヤになってしまうんですよね。だから、この映画を観ていただいて「あ、どこか自分に厳しすぎるのかな」って思ってほしいいし、そんなメッセージが少しでも多くの人に届いたらいいなと思いながら演じていました。

ジャケット230,000円+税/アミ アレクサンドル マティッシュ(アミ オモテサンドウ)

鹿野さんの生きざまと、洋さんが体現してくれた鹿野さんのキャラクターもたくさんの人に観てもらいいですね。何も飾らず、自分の弱みを隠さない、なんなら強みに変えてしまうような生き方をされているんです。自分を主張していいんだよって気づかせてくれるし、ありのままに生きてみることのきっかけをくれるキャラクターだと思います。

物語の舞台は北海道なので、撮影中はおいしいものをたくさん食べました。ただ、洋さんは日に日にやせていく役だったので、撮影が終わると常に走っていて。そこで自分も一緒に走れたらいいなと、バナナ部を結成したんですよ。(恋人役の)高畑(充希)さんも参加して「こんな夜更けにランニングかよ」って(笑)。河川敷を走って気持ちよかったですね。

こういう仕事に付随した稽古や自主練は自分のストレス解消にもなっているんですけど、プライベートの趣味もひとつくらい持っておくべきかなぁと、ちゃんとサーフィンを始めました。ショートボードを買って一生懸命にスキルを上げているところです。いつか海外でいい波に乗りたい、それが今の夢ですね。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』


難病・筋ジストロフィーを患う鹿野靖明は、人の助けがないと生きていけないにもかか割らず、自ら病院を飛び出し、ボランティアを集めて風変わりな自立生活を開始。ワガママに生き抜く鹿野と、その自由で真っすぐな生き方に振り回されながらも変わっていく人々を描いた感動の実話。


profile
三浦春馬(みうら・はるま)
1990年4月5日生まれ、茨城県出身。AB型。近年の出演作に『映画 銀魂2 掟は破るためにこそある』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』など。2019年は、4月に舞台『キンキーブーツ』を再演、秋に映画『アイネクライネナハトムジーク』の公開も控える。

撮影/田形千紘 スタイリング/上田リサ(HITOME)ヘア&メイク/倉田明美 取材・一部文/山田昭子

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ