ドリュー・バリモア(43)「美容整形は絶対にしない」

スティーヴン・スピルバーグ監督の映画『E.T.』(1982年)に出演し、天才子役として人気となったドリュー・バルモア。あの幼かったドリューは現在43歳で、6歳と4歳の女の子の母親でもある。そのドリューが『Glamour UK』に美容整形について思いを語った。

現在2児のママのドリュー・バリモアだが、映画『E.T.』で脚光を浴びた後はかなりダークな道へと進んで行った。ドリューは9歳で酒とたばこを、10歳でマリファナを、そして12歳でコカインに手を出し、リハビリ施設に入所していた。しかしその後、映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『そんな彼なら捨てちゃえば?』(2009年)など女優としてキャリアを積み、2012年からはコスメブランド「フラワー・ビューティー」をスタート。ドリューは昨年、同ブランドをオーストラリアやイギリスなどアメリカ国外にまで広め、ビジネスウーマンとしても活躍している。

そんな美の伝道師でもあるドリュー・バリモアが、英誌『Glamour UK』に「私はとっても中毒になりやすいの」「一度もヘロインはやったことないわ。それから美容整形はしたくないの。だって2つとも、どんどん深みにハマってしまうものよ。もし手を出してしまったら、私はすぐに死んでしまうでしょうね」と語った。

また自然に年をとっていくことを望んでいるというドリューは、このように明かしている。

「顔をいじらない。自然ではない美は追わないことを信条にして生きているの。私は目の下にくまがあるわ。最近、皮膚科に行った時に『ここにジュビダーム(ヒアルロン酸の一種)を打ってもいいですか? 肌に張りがでて、くぼみがなくなりますよ。自然な光が当たるところよりも低いので、その部分が暗くなって印象が悪くなるのです』って言われたの。でも、私は『結構です。家に帰って、目の下にハイライトをのせます。ヒントを教えてくれてありがとう!』って答えたわ。」

「年を重ねるのって名誉なことだと思う。その過程でどれだけユーモアのセンスをもって、自分を愛し、敬い、優雅に年をとるかってことは、私が常に大切に思ってきたことよ。娘たちを授かってからは、これまで自分の直感を信じて生きてきて良かったって思ったの。だってもっと素敵に年をとることができるように、徹底して頑張ることができるじゃない。」

ちなみに同誌は「整形していない」と主張する女優は“手術はしていない”ものの、ボトックスをしている人もいると指摘。ハリウッドには美しい女性たちが集まり、ついボトックスなどに手を出したくなることもあるだろうが、ドリュー・バリモアは過去に依存症と闘っていたからこそ美容整形にハマる怖さを理解し、ナチュラルに美しく年を重ねることを追求していきたいのだろう。

画像は『Drew Barrymore 2018年11月28日付Instagram「I’m blushing! Thanks for all of your support!」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ