さつまいもは電子レンジで時短&おいしく調理! ポイントやレシピを紹介♪

暮らしニスタ

2019/1/9 19:10


ホクホクとした食感とやさしい甘味がたまらないさつまいも。ただ、固くて火が通りにくいイメージがあり、「調理が少々大変……」と感じる人も多いでしょう。でも、電子レンジを使えば大丈夫!手軽においしく食べられますよ♪そこで今回は、電子レンジを使ってさつまいもを調理する方法を紹介!おすすめレシピもピックアップしています。ぜひ参考にしてくださいね。

さつまいもの産地・品種・栄養は?




名前に日本の地名「薩摩」が含まれていますが、実は中米が原産地。その後、中国経由で日本に伝わりました。現在は、さつまいもの9割がアジア圏で栽培されています。日本では芋焼酎で有名な鹿児島県がもっとも多く生産していて、次いで茨城県、千葉県の順です。(参考:農林水産省「平成29年産かんしょの作付面積及び収穫量」)

また、さつまいもの品種は数多くありますよね。最近では、しっとり濃厚な焼き芋に仕上がる「安納芋」や「紅はるか」、果肉が鮮やかな紫色の「ナカムラサキ」・「アヤムラサキ」・「パープルスイートロード」、焼酎の原料「コガネセンガン」などの変わり種も登場。身近なスーパーや産地直売所などで、手に入るようになってきています。食物繊維が豊富なさつまいもは、健康に良いと言われるアミノ酸や有機酸などの成分が蒸したり焼いたりしても壊れにくいため、ぜひ摂取したい食材です。


さつまいもをレンジで蒸す方法




では、電子レンジでさつまいもを蒸す方法を紹介します。基本のテクニックなので、手順をしっかり押さえておきましょう。

(1)良く洗ったさつまいも丸ごと1本(約250g)を、フォークで皮の上から4、5ヶ所刺す。

(2)湿らせたペーパータオルや新聞紙に1を包み、その上からラップで巻く。ただし、ラップの両端は少し開けて、蒸気の逃げ道を作る。

(3)2を500Wの電子レンジで約7分加熱する。または、600Wで1分30秒温めてから200Wか解凍モード(約150W相当)で8~10分温める。

500Wと600W+200W(または解凍モード)のどちらが良いかは、時短優先か、じっくりと甘味を引き出したいかによっても変わってきます。調理するときの状況によって、適した方を選びましょう。

レンジでさつまいもを甘くする方法は?




前述のように、さつまいもを電子レンジで加熱するときの目安はさつまいも1本(約250g)あたり500Wでおよそ7分。さつまいもが甘いと感じる理由は、加熱している間に含まれるでんぷんが分解されて糖ができるため。この働きを、でんぷんが分解される過程で糊状に変化することから糊化(こか)と呼びます。できる糖の量は、でんぷんを時間をかけてゆっくり糊化させるほど増えます。

一般的なさつまいもは約70度で糊化が始まるため、しっかり甘みを引き出すためには電子レンジの弱加熱(200W程度)で時間をかける必要があります。

これに対して、「クイックスイート」という品種は加熱すると糊化が早く進む特徴が。「クイックスイート」は20℃ほど低い約50℃前後で糊化が始まるため、電子レンジ強(500W又は600W)での加熱のみでもじゅうぶん甘くておいしくな


レンジでさつまいもをしっとり蒸すのにコツはある?





続いてさつまいもをレンジで蒸すときのコツを2つ紹介します。

コツ1:ペーパータオル・ラップなどでしっとり感を引き出す


レンジで加熱すると、食材の水分が著しく蒸発します。そのため、さつまいもから水分が失われないように、ペーパータオルや新聞紙、ラップは必ず使用してください。また、加熱が終わってもすぐにペーパータオルやラップを外さずに、しばらくそのままの状態で蒸らしましょう。こちらが、レンジでもしっとりおいしくさつまいもを蒸すための大切なコツです。


コツ2:加熱後はできるだけ早く味わう


また、加熱して一度糊化したさつまいもも、時間が経って冷えると再び加熱前の状態に戻ります。そうなると食べても甘味を感じにくくなるため、できるだけ温かいうちにおいしくいただきましょう。

輪切りにしたら、さつまいもをレンジで蒸す時間は変わる?




結論から言うと、切り方を変えてもさつまいもをレンジで蒸す時間は変わりません。その理由は、レンジの加熱時間は「重量」に比例するためです。ただし、切り口の面積が多い分、水分がより蒸発しやすくなるでしょう。そのため、輪切りにしてからレンジ加熱する場合は、

(1)耐熱皿にさつまいもを同じ向きにして並べる。

(2)さつまいもの上から適量の水を振りかける。

(3)耐熱皿をラップで覆ってレンジで加熱する。

ことがおすすめ。

この方法は、さつまいもの甘露煮などで時短ワザとして応用できそうですね。


レンジでできる!さつまいものレモン煮が人気




基本的なさつまいものレンジ調理をチェックした後は、少し応用したレシピも気になりますよね。さつまいも料理のなかでも人気の高いのがさつまいものレモン煮です。さつまいもの甘さにレモンの酸味がアクセントになって、一度食べ始めると止まらなくなるおいしさ! 箸休めやお弁当の1品にもなるさつまいものレモン煮も、電子レンジで簡単においしく作れますよ♪

レンジでできる!焼き芋レシピ




次にご紹介するのは、シンプルな調理法なのに奥深い味わいの焼き芋レシピです。
すぐにできるため、子どものおやつや、ちょっと小腹が空いたときのヘルシーな間食にもぴったり!

材料(1人分)
さつまいも…1本
新聞紙…1枚

レシピ
(1)さつまいもをたわしできれいに洗う。
(ポイント:皮ごと食べたい場合は、特に念入りに!)

(2)濡れた新聞紙で1のさつまいもを包む。

(3)2を電子レンジ(600W)で約2分加熱する。

(4)3を電子レンジの解凍モードで約10分加熱する。

(5)新聞紙からさつまいもを取り出して、竹串がすっと通れば完成!

材料はさつまいもと新聞紙だけで、あとは電子レンジでチンするだけのお手軽な焼き芋です。たき火で焼いた味にも負けないくらい、ホクホク感としっとり感、やさしい甘味も健在!ぜひ試してみてくださいね。

詳しいレシピはこちら↓
https://kurashinista.jp/articles/detail/26799

まとめ


今回は、電子レンジを使ったさつまいもの調理法とレシピについて紹介してきました。レンジを使えば、固くて火が通りにくいさつまいもを簡単に、しかもおいしく調理することができますね。

野菜のなかでも、さつまいもは離乳食から普通の食事まで使える万能選手! レンジで下ごしらえをして、いろいろな料理にアレンジするとレパートリーが増えて楽しいですよ♪この後、さつまいもを使ったおすすめレシピも紹介します。ぜひ試しに作ってみて、家族や大切な人と楽しくおいしい食卓を囲んでくださいね!

さつまいもを使ったおすすめレシピをどうぞ!

こんなの初めて!!マグカップで作るサツマイモのポタージュ




【材料(4人分)】
さつまいも(中)…1/2本
コンソメ顆粒…小さじ1/4
粉チーズ…小さじ1
牛乳…180ml

耐熱カップに輪切りのさつまいもと牛乳を加えて電子レンジ(600W)で5分加熱。その後でコンソメ・粉チーズ・牛乳を加えて「牛乳モード」で温めます。最後にフォークでさつまいもをつぶしたら完成。塩胡椒を効かせても◎!朝食や夜食レシピにどうぞ。
https://kurashinista.jp/articles/detail/27924

デリ風さつまいもとベーコンのマスタードポテトサラダ




【材料(3人分)】
さつまいも(大)…1本
ブロックベーコン…100g
玉ねぎ…1/2個
◎米酢…大さじ1
◎砂糖…5g
塩…ひとつまみ
●マヨネーズ…大さじ5
●粒マスタード…大さじ2
●マスタード…小さじ1
●粗挽き黒胡椒…お好きなだけ

電子レンジ(600W)でチンしたさつまいもに◎の調味料を入れて粗くつぶし、そこへ炒めたベーコン・玉ねぎを投入。最後に●の調味料を入れで和えればでき上がりです。ゴロゴロした見た目はデリ風で、食感も楽しい1品。パーティーで喜ばれそう。
https://kurashinista.jp/articles/detail/29814

温野菜サラダ~くるみ入りドレッシング~




【材料(4人分)】
さつまいも…1/3個
かぼちゃ…1/4個
ブロッコリー…適量
マヨネーズ…適量
レモン汁…適量
天つゆ…少々
はちみつ…少々
くるみ…お好みで(くだいておく)
塩・黒胡椒…少々

まずは、野菜が柔らかくなるまで電子レンジで加熱。それらを器に盛り付けたら、野菜以外の材料を混ぜ合わせて作ったドレッシングを上かかけていただきます。ホクホクしたさつまいもとかぼちゃの甘味に、大人味のドレッシングがベストマッチ!
https://kurashinista.jp/articles/detail/23767

油揚げで油&糖質制限☆ さつまいものチーズ入り焼きコロッケ




【材料(6個分)】
さつまいも…380g
油揚げ…3枚
玉ねぎ…1/4個
とろけるチーズ…適量
塩胡椒…少々
ガーリックパウダー…小さじ1/4
豆乳…100ml

電子レンジでチンしたさつまいもをつぶし、そこへ油揚げ以外の材料を投入します。それを、1枚を半分に切った油揚げの中に詰め、油を引かないでフライパンで軽く焦げ目が付くまで焼けば完成。サクサクの焼きコロッケを、おかずやおやつにもどうぞ!
https://kurashinista.jp/articles/detail/52989

サツマイモの豚肉巻き!!大学芋風味



【材料(2~3人分)】
さつまいも…140g
豚肉…150g
塩胡椒…少々
小麦粉…少々
オイル…小さじ1
◎はちみつ…大さじ1
◎醤油…大さじ1
◎水…大さじ1
◎みりん…大さじ1
黒ゴマ…少々
飾りのグリーン…少々

皮付きで6cmの棒状に切ったさつまいもを電子レンジ(600W)で加熱し、それに豚肉を巻き付けて塩胡椒・小麦粉を軽く振ってからカリッとするまで焼きます。最後に◎の調味料で味を調えたら完成!大学いものような甘辛い味付けでごはんが進みます。
https://kurashinista.jp/articles/detail/38804

簡単★鶏肉とサツマイモのこってり炒め




【材料(4人分)】
さつまいも…1本
鶏胸肉…1枚
◎酒…大さじ1
◎醤油…小さじ1
●水…1/2カップ
●醤油…大さじ1/2
●砂糖…大さじ1/2
●酢…大さじ1/2
●オイスターソース…大さじ1/2
●鶏ガラスープの素…大さじ1/2
●味噌…小さじ1/2
片栗粉…大さじ1
油…大さじ1

いちょう切りにしたさつまいもは、電子レンジで加熱した後フライパンで両面をソテー。一度取り出してから、◎の調味料と片栗粉で揉んだ鶏肉、先ほどのさつまいもの順で炒め、●の調味料を入れたら完成です。ボリュームおかずで見た目にも大満足!
https://kurashinista.jp/articles/detail/39659

参考/文部科学省「食品成分データベース」

まとめ/暮らしニスタ編集部

当記事は暮らしニスタの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ