志城璃磨、素に近い妹役に!妹エピソードも明かす!!

ザテレビジョン

2019/1/12 18:00

女優・志城璃磨が出演する不連続サスペンスドラマ「毒ノ華」の第三話「切リ華」の配信が、DMM.comとビデオマーケットでスタートした。

「切リ華」は、幼い頃に両親を亡くした玲奈(志城璃磨)が、自身を育ててくれた亡き姉の存在を確認すべく行動していく物語。2017年に女優としての活動を始めた志城にとって、初めてメインキャストを務める作品となる。

そんな志城が、作品の見どころなどを語ってくれた。

■ 「妹っていう方を意識しました!」

――始めに「切リ華」のストーリーと、志城さんが演じる玲奈がどんな役どころなのか教えてください。

私の演じる玲奈は、姉の沙耶華(青野未来)と2人姉妹で、両親が早くに亡くなってしまった女性です。ずっと2人で暮らしてたんですけど、お姉ちゃんがある日、亡くなってしまって。

「どうして死んじゃったんだろう?」っていうのと同時に、玲奈には亡くなったはずのお姉ちゃんが見えてるので「どうしてお姉ちゃんが私だけに見えるのか?」っていうところを探っていきます。

――玲奈はどれくらいの年齢なんですか? これまでは、実年齢と近い役をやられていましたが。

25歳です。今までは高校生とか実年齢くらいの役だったので、1番年上の役ですね。でも私、実生活でもお姉ちゃんがいて、本当のお姉ちゃんは年子なんですけど、役的にも結構妹っぽくていいっていう感じだったので、そのままの私っていうか。

年齢は5歳くらい違ったんですけど、普段の自分に近いものをたくさん感じたかなって思います。

――年上の役だからっていうのは、そんなに意識することもなかったんですね。

あんまり意識しなかったです。どちらかというと妹っていう方を意識しましたね。あとは、自分より年上の役っていうことで、声を落ち着いたトーンでっていうのを意識して喋ったりしました。

――表情などはどうですか?

気にしました。今回、表情はもちろん、目線とかも気にしながらやってました。映像が、どこのシーンで一時停止しても画が奇麗なんです。風景とか、神秘的な感じだったので。

そして、お姉ちゃんも亡くなっているのに目の前にいるので、現実離れした感じとかがあったんですけど、それに引きずられないようにしつつ、一緒に演技してて不自然にならないように自分も奇麗な表情をしなきゃとか。

「奇麗じゃない映像にならないように!」っていうのは意識しました。

■ 撮影現場の様子は?

――今回は演技の相手が亡くなっている人の設定ということで、やはり難しかったですか?

話し掛けてもお姉ちゃんが何も反応してくれないんですよ。いつもはセリフを言って、何かリアクションとかがあって、また喋ってっていう感じなのに、何のリアクションもなくて…。あと、お姉ちゃんがいないのにいる演技をしたり。そういうところが難しかったですね。

――今までは映画や舞台に出演されて、今回はドラマということで、何か違いってありましたか?

監督とかスタッフさんによって全然違うので、映画だから、ドラマだからっていう括りではないかもしれないですけど、今回はどちらかというと少人数での撮影で、監督もその場で「やっぱり、こっちのカットも欲しい」って言って、その場その場で変わっていくのが少人数ならではだなって。

そこが、今回の現場の特徴だったんじゃないかなって思います。

■ 「お姉ちゃんとの日常生活のシーンは、ほぼ普段の私」

――そして、今回は初めてのメインキャストですね。

以前から土田(準平)監督は知っていて、監督の作品も見ていたので、今回土田組に参加できる、しかもメインキャストの1人として出演できるのは、本当に嬉しかったですね。監督は、気さくですごく話しやすい方でした。

良い意味で私の思っている“監督”っぽくないというか。撮影の合間とかも話をしてくれて、監督の持っているイメージを伝えてくださったり。それがとても分かりやすくて。

撮影してる時もどういう感じに映ってるか自分でも分かりやすくイメージできて、撮影しやすかったです。雰囲気も含めて演じやすい環境を作ってくださいました。

――ご自身の演技で、どんな部分を見てほしいですか?

お姉ちゃんとの日常生活のシーンは素に近いというか、ほぼ普段の私っていう感じでした。そのお姉ちゃんとのシーンを、「普段はこんな感じなのかな?」とか思いながら見ていただけたら面白いかなと思います。

――素に近い志城さんが見られるわけですね。

はい! お姉ちゃんと2人の時は、こんな感じなんだなっていう。

■ りまちゃんの妹っぽいエピソードは?

――妹で素に近いということで、実生活で何か妹っぽいエピソードはありますか?

実生活で!? すごいお姉ちゃんと仲が良いんですけど。仲が良いからこそ、すぐ喧嘩するんです。2人で暮らしてて、本当にくだらない事で喧嘩して、でもすぐに仲直りできるっていうか。

「今月、電気代がいつもより高かったよ!」ってお姉ちゃんに言われて、「ごめん!」って。「いつもコタツつけっぱなしなんだよ!」とか、「部屋の電気つけっぱなしだよ!」って言われて、「お姉ちゃんの方こそコタツつけっぱなしだよ! 昨日もそうだし!!」みたいに喧嘩をして。

でも、2人とも謝らないんですよ。「フンッ!」ってなって、別々の部屋に戻っていって。でも次の日朝起きたら、「朝ごはん作るけど、お姉ちゃんもいる?」みたいな感じで喧嘩が終わってるっていうか。喧嘩しても、仲直りとかせずに仲直りしてるっていうことが多いかなって。

――仲良くやってるんですね。

はい! 私が風邪をひいたら、ずっと看病してくれたり。「欲しい物があったら買ってくるよ」って言ってくれたりして、すごく良いお姉ちゃんですね。

――逆の場合もありますか?

おかゆとか作りますね。私、料理作るの好きなんで。おかゆ作ったりとか、風邪薬買ってきたりとか。それくらいはします!

――素敵な妹エピソード、ありがとうございます! では、2019年も始まったところで、プライベートの目標をお聞かせください。

20歳になって…成人したっていうことで、親孝行とかできるようになりたいですね! 今までは心配掛けたり、お世話になりっ放しだったので、両親に心配掛けないようにして、親孝行をたくさんできるようになりたいです。あとは、健康ですかね!

■ 20歳の誕生日はまさかの…

――少し前に20歳の誕生日を迎えられましたが、その健康で何かあったみたいですね。

インフルエンザでずっと寝てましたね(笑)。誕生日当日に、起きたら熱がすごくて、体がだるくて。その日、両親が誕生日を祝うのに来てくれてたので病院に連れていってもらったら、「インフルエンザです」と。

なかなか熱が下がらなくて、そのまま1週間ずっと寝てました。4日間くらいはずっと熱が下がらなかったですね。でも、お正月には治って、いとことか、おじいちゃん、おばあちゃん、久しぶりに親戚みんなで集まって新年を迎えることができたので。お正月はとても楽しかったですね。

――誕生日の方は、少し心残りですね。

せっかくの20歳の誕生日なのに、全然っていう…。

――人にも会えないですからね。

そうなんですよ、出歩けないんで。出歩く体力もないし。ある意味、忘れられない誕生日になりましたね…。

――めったにない20歳の誕生日になりましたね。

まさか、誕生日当日にインフルエンザになるとは!?っていう。

――2019年の誕生日は、万全の体調で迎えたいですね。

そうですね! 今年の誕生日は…というか、もはや1年通して健康でありたいですね。

――予防もしていかないと。

まず、それですね! 仕事にしろ、プライベートを充実させるにしろ、やっぱり健康が第一なので、そこはしっかりしていきたいです。

――健康面で気をつけている事はありますか?

普段、外にいる時は、予防も含めてずっとマスクしてますね。あと、帰ってきたら手洗いとうがいはこまめにするように心掛けてます。

――今年1年、健康に過ごしてください。そして、デビュー作となる映画「美しすぎる議員」が、近々公開されますね。

ちょこっと出るんで、よく目を凝らして探してください。

――そちらも楽しみです。では、最後にメッセージをお願いします。

ようやくファンの皆さんに、メインキャストで出演しているところを見ていただけることが、とても嬉しいです。待ってくださっていたファンの方々もいると思うので、今回、応援してくださっている方々にも恩返しができるような、素敵な作品になったと思います。

皆さんに見ていただけたら嬉しいです! そして、インスタグラムも更新します!!(笑)(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175722/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ