マツダ、強度&軽量化がアップした超高張力鋼板の冷間プレス部品を「マツダ3」に採用

オートプルーブ

2019/1/12 18:00

マツダは2019年1月10日、新日鉄住金、JFEスチールと共同で開発した1310MPa(メガパスカル)級の超高張力鋼板を使用した、ボディの構造材用冷間プレス部品の開発に世界で初めて成功したと発表した。この1310MPa級の超高張力鋼板のボディ部品は今後の新世代ボディに採用され、その第1号は、2019年夏に発表される「マツダ3」となる。

全文を読む >

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ