森田剛出演の新作舞台 メインビジュアルが完成!

ザテレビジョン

2019/1/12 17:33

3月9日(土)より東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演される森田剛主演舞台「空ばかり見ていた」のビジュアルが完成。

物語の舞台、反政府軍のアジトとなる廃校を背景に、森田剛、勝地涼、平岩紙、筒井真理子、宮下今日子、豊原功補、村上淳が内戦の中ギリギリの世界で生き、それぞれの未来を見据えるかのような強いまなざしが印象的なビジュアルとなっている。

今回の作・演出は岩松了。日本のチェーホフと呼ばれ、人間の内部で無意識に動く感情を説明的なせりふを排し、物語の核を隠しながらもリアルに生々しく描き出していく。かねてより岩松自らがラブコールを送り続けていた森田剛との初タッグが実現した。

森田といえば、V6として1月16日に待望の新曲「Super Powers/Right Now」をリリース。「Super Powers」は人気アニメ「ワンポ―ス」(フジテレビ系)の主題歌。「Right Now」は清水翔太が作詞作曲を手掛けたことも注目されている。また、V6メンバーの三宅健も2月より「六本木歌舞伎 第3弾『羅生門』」に出演が決定している。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175727/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ