「私が本妻に嫉妬しなくなった理由」 不倫女性のありえない告白に騒然

しらべぇ

2019/1/12 17:30

(Yue_/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)
不倫関係を続けようとする2人は、それぞれどのような心境でいるのだろうか。

『ヤフー知恵袋』に、既婚男性と不倫関係にある女性からの投稿が寄せられ、女性の強気な発言が波紋を広げている。

■「不倫するなら離婚しろ」と言うけど


投稿者は、現在既婚男性と不倫関係にあるという女性。「不倫をするなら離婚してからにしろ!」という世の中の意見に対し、投稿者は「大人の事情で簡単に離婚なんてできないし、結婚というものにとらわれる必要はない」と考えているのだそう。

また、投稿者は「私が不倫相手の妻に嫉妬しなくなった理由」として、「不倫相手の心が私にあると確信したから」と記している。

■「知らないほうが幸せ」を続けていく


投稿者が多少放っておいても彼から連絡をくれたり、彼は投稿者に弱音を吐いてくることも。また、投稿者と会えない日々が続くと、彼は妻がいるにも関わらず心にぽっかり穴が空いたような状態になってしまうのだそう。

このことから、投稿者は彼の心は妻ではなく自分にあると確信し「余計なことを考える必要はない」と思えるようになったという。

「妻からすれば、心が不倫相手の女に行くのが1番許せないかもしれませんね。これは、知らないほうが幸せですね」と、余裕を感じさせるコメントを添えて投稿を締めくくっている。

■「まさに都合の良い女」


こちらの投稿には、「本妻に勝った」と言わんばかりに彼の愛情を噛み締め幸せなはずの投稿者が、わざわざ匿名掲示板に書き込みをしている様子に、様々な指摘が相次いでいる。

「で? 不倫相手の心が自分にあるって確信しているなら、幸せでしょ? 幸せなのに、なんでこんなところで煽っているの? 本当は『誰にも本気では向き合ってもらえない寂しいオンナ』だからじゃないの? 本当の本当は、それに気づいているんでしょ?」

「不倫している男の意見だが、まさに都合の良い女。心を不倫彼女に委ねているフリをするだけで、彼女は身も心も自分に尽くしてくれる。だから男は平気で嘘をつく」

「公序良俗に反する行為をしておきながら、それを正当化しようとするのはまさに『犯罪者の心理』だと思います」

中には「犯罪者の心理だ」と断罪する声も。

■不倫否定派は6割超


しらべぇ編集部が全国の20~60代の男女1,357名を対象に「不倫についてどう思うか」調査を実施したところ、「違和感がある」と「おかしいと思う」を合わせた不倫否定派は、全体で61.8%にのぼった。
((C)ニュースサイトしらべぇ)
男女別に見てみると、女性に比べ男性のほうがかなり不倫に容認であることが伺える。

「2番目の女」であると知りながら、虚勢を張り続ける投稿者。2人の女性を不幸にしている相手男性は、一体この先どうするつもりなのだろうか…。

・合わせて読みたい→「浮気を打ち明けた夫」に悩みながらも許す妻 別れたくない理由に賛否が相次ぐ

(文/しらべぇ編集部・あまぐりけいこ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年6月2日~2017年6月5日
対象:全国20代~60代の男女1357名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ