『私の年下王子さま Winter Lovers』衝撃の次回予告 小越勇輝の○○姿にファン悲鳴!  ユッキーナ&フジモンのマル秘話も

日刊サイゾー

2019/1/12 17:00


 ミュージカル『テニスの王子様』など、2.5次元舞台で活躍してきた元“プリンス”、俳優・小越勇輝(24)が出演中の恋愛リアリティー番組『私の年下王子さま Winter Lovers』(AbemaTV)。

番組MCの木下優樹菜も「リアル王子!」と絶賛する“おごたん”ことゆうきは、女子メンバー最年長、関西弁女子の女優・とっきー(32)とイイ感じだが、5日に配信された、10話では、とっきーがゆうきを辛口評価。さらには、ファンから悲鳴も……!?

ゆうきは、オトナ女子の王子様になれるのか――!?

(前回までのレビューはこちらから)


■まずは#9(昨年12月29日配信分)をさらっと振り返り


◇可愛らしい雰囲気の現役大学生で俳優のたいしゅう(20)
◇こちらも大学生のモデル・てつ(21)
◇日本とアメリカのハーフで長身のモデル・Lidow(21)

という3人の男子メンバーが新たに加わった。ちなみにたいしゅうは、今年5月に上演される「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~制・限・解・除(リミットブレイカー)~」への出演が決まっており、過去にゆうきが演じた主人公・小野田坂道役を演じる。ゆうきとは先輩・後輩になるわけだ。

さて、1泊2日の軽井沢旅行にやってきた面々は気になる相手との2ショットタイムで思い思いの時間を過ごし、1日目を終えての相関図はこんな感じ。

たくみ⇔りん⇔てつ
たいしゅう→せりな→てつ
とっしー⇔まあや←Lindow
ゆうき⇔とっきー

ゆうき(24)は、新メンバーに邪魔されることなく、引き続きとっきー(32)とイイ感じ。ライバル出現でヤキモキする姿も見てみたかったが、誰にも邪魔されることなく、2ショットタイムでは、テラスでお互いの似顔絵を描き合うことに。

少女マンガチックにかわいらしく仕上げたとっきーに対し、全体は描かず、あえて目から上を切り取り頭にいくつもの花を咲かせた、相手によっては「パッパラパー」(ユッキーナ談)とdisられていると感じてしまうようなポップでユニークな似顔絵に仕上げたゆうき画伯。「抑えられなくなっちゃった」という予告での発言は、自身のアート心のことだったようだ。

そんなゆうきの独特すぎる絵を見て大爆笑するとっきー。この2人、めちゃくちゃ平和だ。

■とっしー&たくみ、19歳コンビに強力ライバル出現!


 そして軽井沢旅行2日目。10人は2グループに分かれ、それぞれの時間を過ごすことに。

てつ、たいしゅう、せりな、りんの4人はアイススケートをするのだが、ここの4角関係がなかなかシビアで、てつ&りんが楽しそうに談笑している中、たいしゅうを置き去りにしてせりなが割って入ったり、「てつくんにスケート教えてもらいたいんだけどいい?」とりんに圧をかけたりと、女同士のバトルが勃発!

たくみからてつに気持ちが傾き始めているりんは、せりなにてつをとられたのがきいたのか、てつに「私は、(たくみじゃなくて)てつにしようと思う」と宣言し、たくみに自分の気持ちを話すことを決意。

一方、そんなりんに想いを寄せているたくみは、ゆうき、とっしー、Lindow、とっきー、まあやの5人とともにホテルのロビーでくつろぐ……ことはできず、てつと一緒のりんのことを考えてソワソワ。

また、とっしーとどんどん距離を縮めるまあやに、Lindowが猛アタックを開始。洋画の話で盛り上がる2人を室内のガラス越しに覗くとっしーは、気が気でない様子。たくみととっしーの19歳コンビに強敵が現れた。

■熱すぎるLindow、そして、たくみが涙


 2グループが合流後、とっしーがまあやを呼び出し、「ライバルできても全然引く気ないし」とアピールすると、追いかけてきたLindowが邪魔に入り、まあやの首に巻かれたとっしーのマフラーを外し、「俺も寒かったし」と自分の首に巻きだす始末。

アメリカの血が入っているLindow、まあやに対する情熱からか目が据わりすぎて、ジョークも本気っぽく聞こえてしまう。なかなか濃いキャラだ。

一方で、何も知らずりんを呼び出したたくみに、

「私はたぶん、これから……てつを好きでいると思う」

と、キツすぎる一言をお見舞いしたりん。こちらの2人は楽しい雰囲気ゼロでまるで地獄のよう。

「てつにするって気持ちがりんにあったとしても、俺の気持ちは変えたくないし、この期間で本気で好きになれたから、てつのこと好きってなってると思うけど、俺はりんのこと好きだし、自分の気持ちを曲げたくない」

「すぐ切り替えるとか俺はできひんから、俺はずっとりんのこと好き」

そう言いながら、涙が止まらないたくみ。

「泣いてダサいけど、最初からずっと想ってたし、だから、またチャンスをちょうだい」

しかし、りんからの返事はナシ。「泣いて終わりたくないから」と笑顔を見せて立ち去る彼女を見送るも、再び涙が溢れ出し、泣きじゃくるたくみ。その姿がたまらなく切ない。

■恐怖の「恋愛通信簿」


 旅行初日、執事から女子メンバーは王子たちに「恋愛通信簿」をつけるよう指令が出ていた。王子は通信簿をつけてほしい相手を最大2名選ぶことができ、通信簿を渡された女子は「男らしさ」「癒やし」「積極性」「思いやり」「相性」の5つの項目を5段階で記入する(合計25点満点)。

横一列に並んだ4人の女子の前に、1人ずつ、王子たちがやってくる。とっしーとLindowはまあやに、ゆうきはとっきー、たいしゅうはせりな、たくみはりん、てつはせりなとりん2人に、通信簿を差し出した。

6人の王子の中、最も点数が高かったのは、りんに21点の高得点をつけられたてつ。一方で最低点数となったのは、16点のたくみ。そんな彼に執事から、特別司令という名の混浴タイムというサービスが。

ここで挽回を図るたくみ、りんの肩をマッサージしてあげながら、

「いつも笑ってるけど、その裏に何かを抱えてるんじゃないかって。今抱えてることを言ってほしい」
「一人で抱え込まないでください」

と最後にバックハグ。一生懸命包容力をアピールしたが、果たしてりんの心に響いたのか……。

ちなみに他のメンバーの通信簿の結果は、とっしー20点、たいしゅう19点、Lindow18点、てつ17点(せりな評)。ゆうきに対するとっきーの評価は、

・男らしさ4
・癒し4
・積極性2
・思いやり5
・相性4

の合計19点。意外と厳しめだ。もっとリードしてほしいと、互いに惹かれ合っていたよねを振ったとっきーだけある。

「ちゃんと受け止めて、もっと(積極性を)出せるように頑張ります」と、苦笑いするゆうき。順調に見えていた2人だが、微妙に曇り始めた。

■ユッキーナ、フジモンに惚れたキッカケを語る


 青山テルマからバトンタッチし、9話からスタジオゲストとして登場しているhitomiは、“オトナ女子”というよりも“母親”的な見守り方で、テルマ様ほどの鋭いツッコミはなく物足りなさを感じるが、トークにいちいち母性が溢れ出していて、なかなか面白い。

そんなhitomiが、混浴タイムでたくみは「りんがもし傷ついても俺がいるよ」とアピールしていたんじゃないかと推測するのだが、「私それでフジモンと結婚しました」とユッキーナからまさかの告白が。

『クイズ!ヘキサゴンII』(フジテレビ系)での共演をキッカケに、2010年8月にFUJIWARA・藤本敏史と結婚した彼女だが、当時あることで傷ついていたところ、収録の合間に楽屋にやってきたフジモンに、

「いつも強がって強いキャラでいるけど、本当は弱いの知ってるから、いつでも言ってこい」

と言われ、「ヤバーい(ハートマーク)」となったんだとか。最近はむしろ鬼嫁エピソードしか聞かなくなったユッキーナだが、あれはあくまでテレビ用ということなのかもしれない。ユッキーナにとってのフジモンのように、たくみにはりんの傷を癒してあげる存在になってほしいところ。

■誰かがリタイア&ゆうきととっきーが○○


 次回は最後の2泊3日の告白旅行。予告によれば、王子たちはそこで改めて恋愛通信簿をつけられ、合計点が20点以下の王子は強制リタイアになるようだ。リタイア免除となる今回最高得点のてつを除き、何人でもリタイアの可能性が……。

さらに、ゆうきととっきーの混浴シーンに、ネット上ではファンから悲鳴が。テニミュ出演時、みんなと大浴場に行けなかったシャイボーイが、死んだ魚のような目で女性と混浴している姿に、いろいろ勘ぐる声もあるようだが、果たして――。

ゆうきの恋の行方を最後まで見届けたい。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ