NGT48山口真帆を襲った強姦未遂事件の闇が深すぎる…荻野由佳は「誘拐されそうに」

messy

2019/1/12 16:00


 NGT48の山口真帆が1月9日に、SHOWROOMで動画を配信。「全部本当のこと言いたいけど……本当のこと言わないと何も解決しないし私と同じ目に遭うひとがいるのに」「新しいNGTにするって言ったのに悪いことしてるやつ解雇するって言ったくせに何も対処してくれてなくて。みんなの個人情報もバレているし」と涙ながらに告発した。

配信では“事件”の具体的な内容についてぼかされていたが、Twitterで「私は先日公演終わり帰宅時に男2人に襲われました」と告白。さらに「あるメンバーに公演の帰宅時間を教えられ、またあるメンバーに家、部屋を教えられ、またあるメンバーは私の家に行けと犯人をそそめかしていました。ファンと?がらなかったら繋がってるメンバーに個人情報ばらされて襲われないといけないんですか(原文ママ)」とも綴っていた。

ちなみに該当のツイートはすでに削除済み。一連の告発をまとめると、山口真帆は数名のNGT48メンバーに個人情報をばらされ、男性2人に襲われた……ということになる。

さらに彼女はこのことを運営側に報告しているが、メンバーの“解雇”といった具体的な対処はなし。山口真帆を陥れた張本人は、今もなおNGT48の“内側”にいるようだ。

彼女の勇気ある告発が本当なら、単純な“頭のおかしいファンによる強姦未遂”とはだいぶ性質が違う。もちろんファンによるストーカー行為も問題だが、今回のケースはNGT48メンバーの“私怨”によって意図的に引き起こされた犯罪。運営側の対応にもきな臭いところがあり、NGTの存続にも関わってくる話だ。

報道によると、彼女を襲った男性は昨年12月に逮捕されて不起訴処分に。犯人は無職の男と大学生の男で、山口真帆の公演後にマンションまで押しかけたという。ちなみに彼女は駆けつけた知人が通報したことで、それ以上の暴力を受けることなく助かった。

誰がどう見ても“不起訴処分”は不自然であり、“メンバーの関与”について運営側は「道で聞かれたので山口の帰宅時間を教えてしまったメンバーがいる」としているが、そんなことがありえるのだろうか。このままでは山口真帆の告発は虚言として扱われ、真実は闇に葬られてしまいかねない。

NGT界隈ではもうひとつ、恐怖事件があった。荻野由佳が昨年の『ザ! 世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、「誘拐されそうになった」と打ち明けていたのだ。

放送時にも大きな反響を呼んだエピソードだが、今回の一件で「おぎゆかもメンバーに嵌められたのでは?」と疑う人が続出。ファンの間で、様々な疑念が渦巻いている。

ネットなどでは“黒幕探し”が行われており、名前が上がり中傷されているメンバーの中には当然、全く事件に関与していないにもかかわらず風評被害を受けている者がいるだろう。一刻も早く事件の全容を公式に発表し、「悪質なメンバー」を解雇すれば問題は収束に向け前進するが、なぜAKSはそれをしないのか。あまりに闇が深い。

当記事はmessyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ