NGT48・山口真帆、暴行事件の背景かーーAKS内で物議醸す「今村支配人の危ない性格」


 NGT48・山口真帆の暴行事件に関して、世間では、運営サイドやNGT48劇場支配人・今村悦朗氏へのバッシングが強まっている。山口本人が暴行被害を自ら“告発”せざるを得なかったこと、また、事件発覚から公式の謝罪まで丸一日以上かかったことなどに対し、管理責任が厳しく追及されるのは当然だろう。運営サイド内部からは、今村氏へ処分を求める意見が強まっているという。

山口は1月8日深夜、SHOWROOM配信とTwitterで、ファンを名乗る男性らによる暴行被害を告白。他メンバーが関与していたこと、また今村氏は警察から説明を受けているにもかかわらず、この一件を山口の被害妄想だとして片付けようと動いていたなど、衝撃的な内容だった。

「そして翌9日にはNHKの報道により、警察沙汰となった暴行事件は事実であったことが明らかになりました。しかしこの時点で、グループの所属事務所であり、今村氏も在籍するAKSは、謝罪を含めて一切対応を行わなかった。そして翌10日の夜、山口がNGT48劇場で行われたグループ3周年記念公演に出演し、ファンへの謝罪とともに今後もグループ活動を続けていくと発表したのですが、その後ようやく、運営サイドも公式発表と謝罪を行いました」(テレビ局関係者)

運営の謝罪より先に、被害者の山口が謝罪したことで、運営バッシングはさらに加速していく。

「公式の謝罪文では、男性らがどのように山口の自宅を特定したのかについて説明がなく、ネット上では『不可解すぎる』『ちゃんとした説明を』と指摘されているほか、今後の防犯対策として、全メンバーへの防犯ベルの支給や各自宅の巡回を挙げている点についても、『不十分』とする声が多数出ています。さらに署名が、今村氏ではなく『AKS』となっていたことにも、『支配人としての役割を果たしていない』などと批判を呼び、彼の処分を求める声も強まっています。署名サイト『change.org』では、『NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます』というキャンペーンが実施され、賛同する声が3万人(11日午後9時現在)を超えている状況です」(同)

こうした中で、AKS内からも今村氏に対して、公式の謝罪や処分を求める声が続出しているという。

「やはりグループ内で起こった事件・事故の責任は、支配人が背負うべきもの。自ら公の場に出てきて謝罪した上で、降格、あるいは辞任を発表しなければ、収拾がつかないと、AKS内で言われるようになっています」(運営関係者)

今村氏はもともとテレビ業界出身で、「細かいことにはあまり目を向けないタイプの人間として、運営関係者の間で認識されている」(同)という。

「その運営方針は、NGTが地元密着型アイドルとして、慣例にとらわれない活動をしていく面においては、ハマっていた部分も大きいとは思います。しかし、メンバーのプライベート管理という点では逆効果。それが今回のような最悪の大事件につながってしまった。今後NGTがまっとうに活動を続けていくには、もはや彼の処分なくしてはあり得ないでしょう」(同)

NGTメンバーとファンだけでなく、他グループのメンバーや関係者、また世間までもが、NGTの運営方針に疑問を抱くこととなったこの騒動。運営サイドの次の動向に注目が集まる。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ