【東京オートサロン2019】2台のベントレーがもたらす圧倒的な存在感。イエローが主張するダンロップの世界

clicccar

2019/1/12 14:03


中ホール4。おなじみのイエローカラーで統一されたダンロップのブースには2台のベントレーが展示されています。

1台は最新のミュルザンヌスピードで、537馬力6.7リットルのV8エンジンを搭載。もう1台は100年前の1921年に製造された3リットルで、80馬力の直4OHCエンジンを搭載するモデル。いずれのモデルにもダンロップタイヤが採用され、その高性能さを欲しいままにしています。

そのほかに展示された2台のレーシングカーも見応えがあります。1台は2018年のスーパーGT GT300クラスに参戦していたGAINER TANAX GT-Rで、2018年にはシリーズ5位に食い込んだマシンです。もう1台は2016年のル・マン24時間レースのLMP2クラスに参戦したKCMGのオレカ日産です。KCMGは同仕様のモデルで前年となる2015年にクラス優勝を果たしています。

タイヤの展示はスポーツタイヤを中心に行われていました。そうしたなかでもディレッツァβ03とβ04はかなり迫力のあるトレッドレデザインです。β03は2本のストレートグルーブをメインにドットパターンを配したもの、β04は2本のストレートグルーブに長短の横グルーブを組み合わせています。いずれもトレッドの山部分が非常に多い高ランド比のモデルです。

(文/写真・諸星陽一)

当記事はclicccarの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ