潮来市の冬の風物詩!茨城県・白鳥の里で白鳥の飛来を観察しよう

Walkerplus

2019/1/12 13:00

茨城県潮来市にある「白鳥の里」で、たくさんの水鳥たちが集まる光景を3月上旬ごろまで見ることができる。

毎年、北浦湖岸の「白鳥の里」には様々な種類の水鳥や渡り鳥が多数飛来し、潮来市の冬の風物詩としても全国的にも有名だ。

なかでも、白鳥は昭和56(1981)年の初飛来以来、例年100羽ほどが白鳥の里を訪れており、身近で野鳥を観察できる貴重なスポットとなっている。

白鳥が飛来している期間は、毎年11月下旬から3月上旬まで。家族やカップルで自然とのふれあいに、白鳥の里へ出かけよう。(東京ウォーカー(全国版)・ウォーカープラス編集部)

https://news.walkerplus.com/article/175404/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ