平祐奈、20歳解禁の炭酸で喉ガラガラ お酒挑戦は「だいぶ先」  

クランクイン!

2019/1/12 12:38

 女優でタレントの平祐奈が12日、都内で自身の新作カレンダー「平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03」の発売記念握手会に出席し、振り袖姿を披露した。20歳になってからは、初解禁した炭酸飲料に苦戦して「まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と明かし、お酒にチャレンジするのは「だいぶ先だと思う」と話した。

【写真】平祐奈カレンダー発売記念握手会フォトギャラリー

今回のカレンダーは、20歳の誕生日(11月20日)に発売した写真集『Comme le Soleil』の秘蔵カットを掲載。ベトナムでの撮影は「(写真集も含めて)素の、10代のはしゃいでいる普段の私がありつつ、20歳の記念なので大人っぽい表情もある。カレンダーは『10代から20歳だよ』っていうイメージで、未成年から成人へという意味合いを込めて(各カットを)選びました」と自ら解説した。

お気に入りは、色あざやかなワンピースを着たカット。「カラフルなお衣装を着て、ラフなリラックスした状態をカメラマンさんがパシャッと撮ってくれた。普段の感じが写っているなと思って」と笑顔を見せた。

今回披露した振り袖について尋ねられると「『私もこの日が来たんだなぁ』という身が引き締まる思い」と述べ、「(自身の現状などが)私が想像していた20歳よりも子どもでした。けれど今日着物をまとってみると『大人っていう自覚をもたなきゃ』とあらためて思わされました」とコメント。両親からは「『まだ赤ちゃんだね』と言われた。末っ子なので、一番子どもだと思われていて。それに学生なので、変わらない扱いを受けてます」と明かした。姉・愛梨に着物姿の写真を送ると「スゴい美しいね。ゆうちゃんにピッタシだね」と返事があったとのこと。

20歳になってから炭酸飲料を解禁したという平。炭酸を飲んでから「ずっと咳が止まらなかった。最初は風邪だと思っていたけど、どうやら炭酸の影響で喉をダメにしてしまい」と話し、「炭酸がお酒みたいな感じ。まだコップに入った1杯を飲みきったことがない」と告白した。お酒は「飲めないです」とキッパリ。「挑戦するのはだいぶ先だと思う」と話した。

今年は「1日1日を大切にしていきたい。書き初めでは、『極』と書きました。今やっていることや学問、趣味、日本文化を極めていきたいです」と意気込んだ。また、今年5月から新元号に変わることに関して「スゴい不思議な感覚。寂しいような、でもワクワクしている気持ちもある。どんな元号になるのか楽しみ」と白い歯をこぼした。

『平祐奈 CALENDAR 2019.04-2020.03』は、発売中。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ