映画初出演の中川知香「いろいろな気持ちの中で葛藤して頑張っている姿を表現したい」

ザテレビジョン

2019/1/12 08:00

1月11日、都内にて映画「車線変更-キューポラを見上げて」の制作発表記者会見が行われ、中川知香、村上弘明らが登壇した。

本作は、不慮の事故で障がい者となったオートレーサーの野平幸助(平田雄也)が、再び自らの夢をかなえるため、さまざまな障壁に立ち向かっていく姿を描いた物語。

今作が、初の映画出演となる中川は、出演の決定に「とにかくうれしくてたまりませんでした!」と喜び、「ただやはり難しい題材の作品となるので不安な気持ちが大きいというのが正直なところです。演技に関しても、ドラマと映画では同じ映像でも全く違うと聞いているので緊張しています」とコメント。

中川は、主人公である幸助の幼なじみ・守田友里乃役で出演。

「とても明るくていつでも周りを元気にしてくれるようなすてきな女性です。もし自分の家族や大切な人が今までと同じ生活が出来なくなったとき、どう声をかけたらいいのか、どう接したらいいのかなどを考えながら、友里乃にしかできない幸助の支え方ができたらなと思います」と自身の役どころについて解釈し、続けて「いつも明るく振る舞っていながらも、実は自分の中に寂しい気持ちやもどかしい気持ちを抱えていて、いろいろな気持ちの中で葛藤して頑張っている姿を表現したいと思っているので期待していただけたらなと思います」と見どころをアピールした。

また、幸助の父親を演じる村上は「幸助の父親であり鋳物工場の二代目社長でもある徳人という男は、鋳物職人としての誇りを持ち、命を懸けているような職人気質な男です。

その男が、息子の障がいという事実をどのように受け止めていくか、どう支えていくかを見ていただきたいです」と話し、さらに「私はこの作品のカギとなるのは『垣根を超える』ということだと思うんです。偏見や思い込みという垣根、障がいや国籍などの垣根、それをどうやって超えていけるかをこの作品を見ていただく皆さんに投げ掛けていきたいです。

私も垣根を超えた役作りをして、この作品の撮影に挑みたいと考えています」と意気込みを語った。

会見には主演の平田をはじめ、岡江久美子、赤羽博監督らも出席。

本作は、2019年冬~2020年春に全国公開予定だ。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/175689/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ