木村佳乃、ドレスにヒョウ柄に七変化「派手なんてもんじゃない」


女優の木村佳乃が、カンテレ・フジテレビ系主演ドラマ『後妻業』(22日スタート、毎週火曜21:00~)で、さまざまな衣装を披露する。

木村が演じるのは、男をたぶらかすのが天才的な後妻業(遺産相続目当ての結婚詐欺)のエース・小夜子。ウエディングドレス、毛皮にヒョウ柄、真っ赤な衣装に迫力のサングラスなど、まさに“七変化”で、資産家の高齢男性だけでなく、女性をも魅了する装いとなっている。

昨年12月下旬には、小夜子の最初のターゲットとなる、中瀬耕造(泉谷しげる)との結婚式シーンの撮影を実施。場所は、大阪のランドマーク・大阪城を大迫力で感じられる「ミライザ大阪城」の屋上で、木村はウエディングドレス姿を披露した。

小夜子の身なりについて木村は「派手なんてもんじゃないですね(笑)。髪もすごいです。私の地毛は今短いので、これはファッションウィッグです。全身、お金がかかっている感じですね」といい、「小夜子を演じるのは、大変緊張もしていますが、100%でぶつかっていきたいと思います」とコメント。

ドラマの冒頭、盛大に行われた結婚式のシーンを「大阪城が大迫力で感じられて、撮影場所にまずびっくりしました! 泉谷さんとの第1話の重要なシーンです」と振り返りながら、「『小夜子が何のために後妻業をしているか』というのは、原作とは違う点なんですけども、それは謎でもあって。彼女が“後妻業”をするのには理由がある、というのも見どころの1つですかね。ドラマの中で徐々に明かされていきます」とアピールしていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ