ヒットドラマの作れなくなった日テレ、深夜帯でも良質な作品を送るTBS

wezzy

2019/1/12 01:05


 正月気分もあっという間に去り、早くも1月半ば。民放各局の連続ドラマが続々スタートしています。皆さんはもう注目ドラマをチェック済みでしょうか。

昨年は『今日から俺は!!』ぐらいしかヒットに恵まれずドラマ不発の年だった日テレですが、今年は『家売るオンナの逆襲』が幸先の良いスタート。逆に勢いを盛り返しつつあるフジテレビの月9“科捜研の男”、主演する錦戸亮が取材陣に見せる怖い素顔とは? アツコの裏話初めです。

___

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

今年もやっぱり強かった『東京箱根間往復大学駅伝競走』(日本テレビ系)。いわゆる『箱根駅伝』だけど、青山学院大学のV5がかかっていたから同僚の青学軍団の応援がハンパなくて。惜しくも5連覇は逃したけれど、悲願の初総合優勝を勝ち取った東海大学の追い上げもすごかったし、例年以上に手に汗握る展開だったわよね。

毎年のことだけど案の定、視聴率もダントツ。往路も復路も両日、過去最高の初の30%超えという快挙を成し遂げたのよ。まぁここまでの高視聴率を予測していたわけじゃないだろうけど各局、1月2日と3日は視聴率争いをする気にもならなかったのかしらね?  関東ローカルの話ではあるのだけど、真裏では再放送ドラマが長時間に渡りズラ~ッとOAされていたのよ。この「あからさまな迂回放送」にはちょっと笑っちゃったわ。

テレビ朝日は田中圭主演の『おっさんずラブ』や水谷豊主演の『相棒』祭りを、TBS石原さとみ主演の『アンナチュラル』や綾瀬はるか主演の『義母と娘のブルース』で、フジテレビは映画『マスカレード・ホテル』の宣伝のためか、木村拓哉主演の『HERO』と、どこもご自慢のヒットドラマをこれでもかと流していて。まぁね、アツも2日は朝7時前に起きて、まずは『おっさんずラブ』を堪能しちゃって、『箱根駅伝』のスタート直前に慌ててチャンネルを合わせてちょいちょい浮気をしながら見ていた口だから、まんまと再放送祭りに乗っかっちゃった1人なんだけど、それにしても年明け早々の「試合放棄」には少々びっくりよ。

テレビ局スタッフにこの状況をどう思うか聞いてみたところ、「年始早々、負け戦と分かっているのに戦おうとする、そんな予算的余裕はもうないってことだよ。だったら大ヒットしたドラマを再放送した方が、視聴者もテレビ局もプロダクションもみんな喜ぶしね。『箱根駅伝』と真っ向勝負しても意味が無いから、各局がこぞって再放送という編成にしたんだろうね。でもヒットドラマがあるだけいいんじゃないの?  日テレには『箱根駅伝』はあっても数字が取れたドラマは皆無。再放送して喜ばれるドラマそのものがないから、せめて駅伝で数字を稼がなくちゃいけないだろうし」って、負け惜しみ感たっぷりに語ってて苦笑いしちゃったんだけど。

ヒットドラマのご無沙汰な日テレ
 他局から「数字の取れるドラマがない」と酷評された日テレだけど、1月9日から始まった北川景子主演の『家売るオンナの逆襲』は、第一話の平均視聴率が12.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と好発進。景子さん演じる不動産屋さんのスーパー営業ウーマン・三軒家万智の決めゼリフ「私に売れない家はない」や「GO!」が話題になった前作の続編だから安心して見られたし、優しいけどちょっと冴えない夫を演じる仲村トオルさんがいい味を出していて、楽しいのよね。

ただ年末の取材では「とにかく忙しい」を理由に、日テレサイドから「北川さんのインタビューは各社5分厳守で!」との厳しいお達しがあって、取材陣から「たった5分って。宣伝部が横柄な態度でこういうことをするから、応援したく無くなっちゃうんだよね。北川景子に罪はないし大好きなのに」とブーイングが起きたんだけど、景子さんはたった5分でも相変わらず爽やかな笑顔で機転を利かせたコメントを繰り出してくださって、ホント大助かりよ。

でもま、1月6日からスタートした菅田将暉主演の『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)は賛否両論あり。ヒロインにNHK連続テレビ小説『半分、青い。』で注目を浴びた永野芽郁ちゃんを起用して話題性は十分だったのだけど、小中高生の子を持つママたちからは「殺人シーンもあるし、子供たちにはあんまり見せたくないわ」との評も。

視聴率は10.2%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)とまずまずの健闘を果たしたし、初の高校教師役に挑んだ菅田くんの狂気を含んだ熱演は凄かったんだけど、「明日から月曜日が始まるという日曜日夜に流す内容かしら?  生徒29人を人質に取った復讐劇って、気持ち的に暗くならない?」とママたちは首をひねっていたわ。菅田くんもこの前まで連続テレビ小説『まんぷく』で、正義感溢れる新米弁護士を演じていたから尚更よね。

菅田くんの演技力の幅の広さには感服するし、生徒役で片寄涼太くんや今田美桜ちゃん、神尾楓珠くんなんかも出ているから見たい気持ちはあるんだけど、どうだろ?  前クールの『今日から俺は!!』にも乱闘シーンはあったけど、コメディーだったから笑えたでしょ?  そりゃ同じような学園ドラマを続けるわけにはいかないだろうけど、新年幕開けから衝撃度の高い学園ミステリーはちょっといただけないかなぁ。「常に新しいことに挑戦していきたい」というFプロデューサーの心意気は買うし、菅田くんの「教師として生きている姿をしっかり見せていきたい」という思いも受け取ったけど、最終回まで見続ける勇気はないわ。

錦戸亮の「コワさ」が滲み出ている『トレース』の目
 まだスタートしたドラマはそんなにないけど、放送前からあっちこっちで話題にあがっていたのが錦戸亮主演の『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)。亮ちゃんも「テレビ朝日の人に『科捜研の男』をやるんだって? って聞かれて戸惑った。俺だって“科捜研”と聞いたら『科捜研の女』しか思い浮かばないもん」って笑ってたけど、誰だって沢口靖子さんの顔を思い浮かべちゃうじゃない。それを月9で科捜研の「男」を堂々と放送しちゃうんだもの。作戦勝ちというか、これはまんまと見ちゃうでしょ?

ドラマは亮ちゃん演じる法医研究員の真野礼二が、現場に残された僅かな痕跡から真実を探り当てていくリアルな科捜研サスペンス。ヒロインは月9連投の新木優子ちゃん、真野と敵対する刑事役で船越英一郎さんが出演していて見応え十分。鬼アツな船越さんの演技ももちろん見どころだけど、優子ちゃんの妹役で若手演技派女優の山谷花純ちゃんが出ているから、アツ的にはお楽しみがいっぱい。優子ちゃんも一段と美しくなっているし、何より亮ちゃんの演技がうますぎたわ。

過去に強いトラウマを持つクールで協調性のない真野役なんだけど、何かと対立する船越さん演じる虎丸刑事の物言いに反発する時の目、ちょっと見下すような感じで薄笑いをする時の表情などなど、もうアッパレとしか言いようがなかったわ。画面を見ていて思わず「ヒェ~ッ」って悲鳴に似た声が出ちゃったもの。これね、取材陣の中での「錦戸亮あるある」なんだけど、あのコワ~イ目、実は取材中によくお見かけするの。忙しい中、取材にさく時間なんてないんだろうけど、そんな時は背筋が凍りそうになっていつも冷や汗タラ~リ。あの感覚、慣れてるはずなのに何年経ってもちっとも慣れないのよ。

今回も合同の囲み取材があったんだけど、内心みんな「合同でよかったぁ。単独だったら泣いてたかも」なんて言い合ったり。とはいえ、亮ちゃんは「今回の役はクールな男なんだけど、監督から『もっとクールに』と言われて。20代前半だったら抵抗なく振る舞えたと思うけど、34歳にもなるとちょっと恥ずかしくなってきて。今の年齢だからこそ出せる大人の冷静さ、クールさを出していければ」とのお言葉はいただけたのだけど、いえいえもう十二分にクールだと思う昨今よ。あらヤダ、別にディスったわけじゃないの。いい意味で今回改めて「俳優・錦戸亮」の偉大さを痛感したし、これは最終回まで見ちゃうかもとの思いを強くしたのは確か。ただまぁ出来ればもう少し、ほんの少しでいいから取材の時に柔らかい表情でいてくださると、こちらもすんごく助かりますけど……というささやかなお願いを述べただけなのよ、ごめんなさいね~。

深夜ドラマがとにかくアツイ
 他にもアツ的には深田恭子主演の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)はやっぱり外せないかな。現在、話題を振りまき中の恭子ちゃんの可愛さったら。しかもイチオシの中村倫也くんに横浜流星くん、永山絢斗くんのイケメン三銃士の登場よ。これは絶対に見逃せないわ。視聴率的には苦しい展開だけど、1月クールの注目のドラマはまだまだいっぱい。楽しみよね~。

あっ、ドラマと言えば今クールは特に深夜ドラマにめちゃくちゃ力が入っているからお見逃しなく。現時点では藤原竜也主演の『TBS✕Paraviスペシャルドラマ「新しい王様」』はもう鳥肌ものよ。出演者には香川照之さんほか大物俳優さんがズラっと勢揃い。こんな贅沢な使い方して、ウラヤマシイったらありゃしない。そしてそして本田翼ちゃんと岡山天音くんの『ゆうべはお楽しみでしたね』(TBS系)もね、翼ちゃんの可愛さがハンパなさ過ぎて、夜中なのにテンション上がること間違いなしよ。キュン死注意報及び寝不足注意報を発令されちゃうぐらい。天音くんもうま過ぎる~。

深夜ドラマに関しては書き切れないのでいずれまた。ドラマ通に言わせると「ゴールデンタイムのドラマより深夜の方が低予算なのに、よっぽど注目度も上がっているし良質作品が多い」んだとか。本数も俄然、増えてるしね。アツもしっかり見届けてまたご紹介させていただきますので、皆さん、ぜひご一緒に夜更かししちゃいましょ!

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ