藤巻亮太 今春、レミオロメンの弾き語りアレンジアルバムリリース

E-TALENTBANK

2019/1/11 21:10


2012年よりソロ活動をスタートさせ、2018年には自身が主催する初の野外音楽フェス「Mt.FUJIMAKI」を成功させるなど、活躍の場を広げている藤巻亮太。この春、レミオロメンの曲を、弾き語り中心のアレンジでセルフカバーするアルバムのリリースが決定した。

2000年に小学校からの同級生3人でレミオロメンを結成し、2003年にデビュー。5枚のオリジナルアルバムと配信限定を含めた20枚のシングルをリリースし、「粉雪」や「3月9日」をはじめ数々のヒット曲を生み出した。2011年、レミオロメンの活動休止を発表した後も、藤巻亮太はソロで活動を続けてきた。

そしてこの春、レミオロメンの曲を、弾き語り中心のアレンジでセルフカバーするアルバムのリリースが決定。これにあわせ、アルバムに収録して欲しい曲を一般公募するリクエスト企画もスタートさせた。レミオロメンの新たな魅力を発見し、リスナーと共に作り上げる1枚にしたいという、藤巻の想いが込められた企画だ。

また、藤巻の39歳の誕生日となる1月12日には、「藤巻亮太 39(サンキュー)バースデイライブ」と銘打ち、LINE LIVEでショートプログラムを生配信することも発表した。リリースや今後の活動について、藤巻自身の言葉で語られる機会をぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

当記事はE-TALENTBANKの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ