ネイルポリッシュの塗り方☆長持ちさせるコツも教えちゃいます♪

AUTHORs Beauty

2019/1/11 18:30

正しく塗れてる??


正しく塗れてる??

かわいいカラーのマニキュアを買い、うきうきしながら塗ってみたものの……

はみ出しやムラ。

そして、塗れたと思った矢先、物に当たってよれてしまった。

爪の先端だけがすぐにはげてしまう。

誰しも一度はこんな経験ありますよね?

みなさんは、失敗したときの対処法はご存じですか?

ベースコート・トップコートの役割って??

知ってると格段の差が出る! 基本の塗り方から修正技。

長持ちのコツまで、一挙ご紹介します!

ポリッシュ「基本」の塗り方




1. ベースコート→カラー(二度塗り)→トップコートの順で塗っていきます。

※まずは下準備が大切※

爪の表面に油分があると、カラーをはじいてしまいます。

ウッドスティックに、除光液または消毒液をふくませたコットンを巻き付け、しっかり「油分除去」をしましょう。

ウッドスティックは、はみ出し修正にも使える便利なアイテムなので準備しておくと◎

2. ベースコートは、そのあとに塗るカラーの発色をよくするとともに、カラーの色素沈着を防いでくれる重要なものです。

【ベースコートの塗り方】

爪の先端→中央→左右の順に塗ります。

先端部分を塗るときは、ハケに液がほとんどついていないくらいがちょうどいいです。ボトルの口部分でしっかりとハケをしごいて量を調節しましょう!

※爪に凹凸がある方※

ベースコートを二度塗りするか、バッフィングで爪の表面を整えてから塗ってください。



3. カラーは基本二度塗りです。一度目はライン取り、二度目はムラをなくし均一に。

ブランドやカラーにもよりますが、二度塗りすると発色がよく綺麗です。

【カラーの塗り方】

爪の先端→中央→左右の順に塗ります。

ハケにとる液の量が重要!爪の長さに合わせて調節します。

液の量が多すぎると、はみ出しの原因にも……

また、塗るのに時間をかけ、表面を触り過ぎていると、固まりかけた表面がはがれてドロドロになるので、テンポよく塗っていきましょう。

※利き手で塗る場合、利き手と反対側の手で塗る場合のポイント※

利き手で塗る場合は、指先を自分のほうに向けて塗る。

利き手と反対の手で塗る場合は、手を机の上に置いて塗る。

このように、どちらの場合も、手をしっかり固定するとブレずに塗れますよ♪



4. トップコートも光沢を出し、カラーの剥がれを防ぐために重要なものです。

【トップコートの塗り方】

爪の中央→左右→先端の順に塗ります。

カラーを覆うように、優しく、力を入れず塗りましょう。

*除光液の使い過ぎは、爪を乾燥させる原因です。

3日に一度トップコートを塗ることでカラーを長持ちさせ、頻繁な塗り替えを抑えます。

また、ラメ入りのカラーは落ちにくいので、特に色がはげやすい先端部分にラメを取り入れると長持ち度アップ!華やかさもプラスされるので、一石二鳥♡



5. 修正技☆

①横の部分がはみ出してしまった……

はみ出しの修正にはウッドスティック!!

先端に、薄くコットンをまきつけて、除光液を少量浸し、はみ出した部分をなぞります。

きれいに塗ったところをえぐらないように気を付けてください。

②物に当たってよれてしまった……

指に除光液をつけ、よれた部分をポンポンとやさしくなじませてみてください。

意外と簡単に直ります♪

ベースコートやトップコートは、速乾性のあるもの、栄養分の入ったものなど、多くの種類があります。

ご自身の爪の状態や、用途に合ったものを選んでいただけたらと思います。

ぜひ、参考にしてください。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ