家入レオ 「もし君を許せたら(Piano Version)」でピアニスト・清塚信也とコラボ

SPICE

2019/1/11 18:00


家入レオが1月30日に発売するニューシングル「この世界で」。同作には、昨年リリースされたシングル「もし君を許せたら」のPiano Versionが収録されることは既に発表となっているが、同楽曲はマルチな才能を発揮する日本を代表する天才ピアニスト清塚信也氏とのコラボレーションであることが発表になった。

音楽番組にて13thシングル「ずっと、ふたりで」を清塚氏とのコラボレーションで披露したことがきっかけとなり、今回のコラボレーションが実現。家入は「以前、音楽番組で清塚さんと「ずっと、ふたりで」を共演させて頂いたことがあったのですが、その時の高揚感と緊張感が忘れられなくて。今回「もし君を許せたら」のピアノバージョンを収録するにあたって、清塚さんに是非弾いて頂きたいと思いオファーしました。同じブースにグランドピアノとヴォーカルマイクを立て、向かい合う形でレコーディングに臨んだのですが、フェンシングをしているかのような独特の駆け引きがあってとても面白かったです。」とコメントしている。

さらに清塚氏も「科学の発達によって、音楽も発展してきた。しかし、発展の裏にはリスクもあって、便利な機能を使いながら歌いすぎると、体当たりでセッション出来なくなったりする。しかし、家入レオさんは違った。ポップスの中でもこれだけ音楽で呼応することが出来る歌い手はあまりいないと思う。そんなことで、今回は、私が感じる家入さんの「強さ」を引き出すピアノアレンジをしたつもりです。言わずと知れたヒット曲「もし君を許せたら」ですが、曲も家入さんも、新たな一面が覗けたと思います。近年ポップス界では珍しいほどの「ガチセッション」で、私が納得するまで何度も何度も歌ってくれた家入さんに感謝です。嘘のないこのガチセッションを是非お聴きください。」とコメントを寄せた。

なお、発売に先駆けて同楽曲を含むシングル収録楽曲の試聴がオフィシャルサイトで本日よりスタートしている。

さらに、ニューシングル「この世界で」の発売を記念したスペシャルフリーイベントの開催も発表となった。発売当日となる1月30日(水)は池袋・サンシャイン噴水広場にて18時半より開催。この会場でのイベントは、2013年5月に4thシングル「Message」の発売を記念して行ったフリーイベント以来。そして、発売週末の2月2日には神戸ハーバーランド スペースシアターにて13時~と16時~の2回、翌3日はエアポートウォーク名古屋にて13時~と16時~の2回、開催される。同イベントはフリーライブのほか、1月30日リリースのニューシングル「この世界で」購入者対象のお渡し会企画も予定されている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ