マクドナルド店内で10代少女ら乱闘騒ぎ 子供用プレイエリアから退場促され逆上(米)

このほど米カリフォルニア州のマクドナルド店内で、10代少女らによる乱闘騒ぎが起こった。少女らの様子を捉えた動画はソーシャルメディアで拡散し、逮捕されていない少女らの身元判明を望む声もあがっている。『The Sun』『KCAL9』などが伝えた。

カリフォルニア州リバーサイド郡モレノバレーにあるマクドナルドの子供用プレイエリアで2歳と5歳の娘を遊ばせていた28歳の母親(本人の意思により匿名)は、プレイエリア内にいる10代少女らに出ていくように伝えた。

すると少女らは母親に逆上。挑発的な態度で「かかってきな」と喧嘩をふっかけ、「未成年相手に喧嘩などしない」と答えた母親を一方的に何度も殴り、家族に向かってカップに入った氷入りの水を浴びせた。

母親はマクドナルドの男性マネージャーに助けを求めるも、マネージャーは当初何の対応もしなかったという。しかし少女らの態度は店内でエスカレート。母親が2度目に助けを求めた時点で、マネージャーはようやく警察に通報した。マネージャーが電話中、罵りながら叫ぶ少女らを落ち着かせようと中年の男性客が仲介に入ると、ひとりの少女はその男性に向かってもカップの水を浴びせた。さらに店のナプキンや物を従業員らに向かって投げつけるなど、乱闘騒ぎを起こしたのだ。この一部始終を厨房奥からスマホで撮影していた従業員のデクスター・フォッブスさんは、後のメディア取材でこのように話している。

「少女らはキレ方が半端なく、手にしたものを手当たり次第に放り投げていました。私の頭にも投げられた物が当たりそうになりました。止めに入ろうとした男性の方が、マネージャーよりもちゃんと対応しようとしていました。」

この動画が複数のソーシャルメディアに投稿されると、マネージャーは停職処分となり最終的には解雇されたそうだ。

乱闘騒ぎを起こした少女らは、警察に通報されたと知ると店から逃げようとした。被害者となった28歳母親の父親にあたる男性は、警察が到着するまで少女の1人を取り押さえていたが、女性が父親に少女を放すように言い、少女は逮捕されることなく店を去った。しかし動画がソーシャルメディアで拡散しており、この少女らの身元が明らかになることを望む声もあるようだ。

大暴れした少女らによって店内のモニターが破損し、店側の被害損額は1,000ドル(約11万円)ほどになるという。

このニュースを知った人からは「この少女らの親の育て方が悪い。社会には問題起こすこんな子供は必要ないんだよ!」「でもこの動画からじゃ最初に何が起こったかは分からないでしょう? もしかしたら母親が少女らにすごく失礼なことを言ったのかも」「マクドナルドっていつもこういう問題起こる場所になるよね」「ロクな環境で育ってない子供らがここで食事してるからだろ」「こういう少女らの親って、子供らが罪を犯しても気にもしないんだろうな」「少女らの行為は動物並みだな」「アメリカ文化は崩壊している」といった声があがっている。

画像は『The Sun 2019年1月9日付「MACCIES RIOT Teenage girls attack mum and child and riot in McDonald’s causing £1,500 of damage after being asked to leave kid’s play area」(KCAL9)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ