東西ジャニーズJr.勢揃い! 伝説の舞台「少年たち」が映画化決定! ポスター&予告編公開

ウレぴあ総研

2019/1/11 16:25

1969年の初演から50年―伝説として語り継がれる舞台「少年たち」が、遂に「映画 少年たち」となって2019年3月29日(金)公開。

東西ジャニーズJr.勢揃いのポスタービジュアルが公開されました。

■ミュージカルシーンも公開

1969年の初演から50年―伝説として語り継がれる舞台「少年たち」が、遂に「映画 少年たち」となってスクリーンに登場します。

本作は、若さゆえに生まれる少年たちの抵抗、葛藤、友情をオリジナル楽曲とダンスに昇華し描く、日本オリジナルのミュージカル・エンターテイメント。

ジャニー喜多川が手掛けた舞台の初の映画化であり、氏が初めて映画で製作総指揮を務めた記念碑的作品です。

また、重要文化財の旧奈良監獄で日本で初めて撮影したことも大きな話題となりました。

完成したポスターは、今をときめく次世代のライジング・スター、キラ星の如く輝く東西の人気ジャニーズJr.たちが勢揃い!

やむにやまれぬ犯罪を犯した少年たちが、自由を奪われた刑務所の中で、それでも力強く生きていこうともがき、仲間と共に未来を願う表情が、青空の中で神話的に映し出されました。

あわせて解禁された予告映像では、オリジナル楽曲のダンサブルな曲にのせて、SixTONES(ジェシー、京本大我、髙地優吾、松村北斗、森本慎太郎、田中樹)、Snow Man(岩本照、深澤辰哉、渡辺翔太、阿部亮平、宮舘涼太、佐久間大介)、なにわ男子(西畑大吾)・関西ジャニーズJr.(向井康二、室龍太、正門良規、小島健)らによる、冒頭8分間の1カット1キャメの圧巻映像の一端がうかがい知れるミュージカルシーンが映し出されました。

■A.B.C-Z戸塚が予告編ナレーション初挑戦!

さらに、人気急上昇中のHiHi Jets、Sexy美少年らによる豪華絢爛なダンスシーン、新任の冷酷な看守長役の関ジャニ∞の横山 裕らの姿も捉えた初映像も。

そして、ジャニー氏がここで撮影がしたいと願った、美しく重厚な旧奈良監獄の映像もふんだんに織り込まれ、時代の持つ空気感をまとった、全く新しい日本のミュージカル映画の誕生を予感させるものとなりました。

特筆すべきは、児童養護施設の職員として出演するA.B.C-Zの戸塚祥太が、ジャニー氏の要望に応え予告篇のナレーションに初挑戦したこと。

かつて舞台「少年たち」にも出演してきた戸塚の包み込むような優しい声が、映像と見事なマッチングを見せたことにも注目です。

■ナレーション:戸塚祥太 コメント

今回、初めてナレーションを担当いたしました。

自分の演じた芝居のアフレコはあっても、ナレーションは初体験でしたので、無事に撮り終えることができ、今はホッとしてます。

少しでもSixTONES、Snow Man、関西ジャニーズJr.ら東西ジャニーズJr.の力になれたら、と皆を応援する気持ちで挑んだのですが、予告映像を見ていたら自分もテンションが上がってしまいました(笑)。

このナレーションを通じて、彼らとジョイント出来た気がします。

僕自身も舞台「少年たち」を経て映画に参加しましたが、一つの作品に様々な形で関われたことは、

とても幸せです。 この映画は一言でいうならば新感覚のエンターテイメント。

さすがジャニーさんだな、と思うところも多く、是非皆さんにご覧頂きたいですね。

映画 少年たち

2019年3月29日(金)公開

<STORY>

2012年、とある少年刑務所。ここは犯罪に手を染めた少年たちがそれぞれの事情を抱えて収監される場所。刑務所内にはいくつかの房がある。赤房と青房の少年たちは互いをライバル視して喧嘩を繰り返し、黒房はそれを面白がって傍観している。常に監視され抑圧された刑務所ではあるが、それでもシャバよりはましだ。ある日、刑務所に一人の新入りがやってくる。身寄りのない彼は誰とも馴染もうとせず、いつも独りぼっちで日記を書いていた。そんな頃、新しい看守長が赴任してくる。徹底的にお前たちを鍛えなおす、と高圧的に告げ、少年たちを暴力で支配し始める看守長。以来、地獄のような日々が少年たちを待っていた。新入りは、いじめを受けた自分を庇い、懲罰を受ける同じ雑居房の少年に心を寄せるようになっていく。いつしか二人は親友になり、仲間も増え、夢を語るようになる彼ら。しかし、看守長の圧制はいよいよ厳しさを増し、我慢の限界にきていた少年たちは団結し、密かにある計画を練るが…。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ