ノーマニ、カミラ&ダイナとアリアナの家に泊まった思い出やファレルとの仕事について語る

Billboard JAPAN

2019/1/11 15:15



米ビルボード誌最新号の表紙を飾ったノーマニ・コーディが、“ファースト・ベスト・ラスト・ワースト”をキーワードに、アリアナ・グランデと出会った時のことや最後に会ったフィフス・ハーモニーのメンバーなどについて語った。

ツアーをサポートするアリアナ・グランデについて、初めて出会ったのは数年前の【ジングル・ボール】だったのではと記憶をたどっていたノーマニだったが、突然アリアナの家に泊まった時のことを思い出した。カミラ・カベロとダイナ・ジェーンも一緒だったそうで、「(アリアナの)家に行って、彼女に初めてヴィーガンのアイスクリームを教えてもらった」と明かしている。

一緒に仕事をしたファレル・ウィリアムスについては、「ものすごく有能」とその天才ぶりに圧倒されたことを語っている。子どものころから憧れの存在だったファレルが目の前でスタジオ作業をしている様子をただひたすら見ていたかったと、いちファンとしての気持ちも覗かせつつ、自分の提案も積極的に取り入れてくれたと振り返っている。

一番最近会ったフィフス・ハーモニーのメンバーはカミラで、昨年の【ジングル・ボール】で話したそうだ。テーマの最終項目“ワースト”に関しては、ツアーの時に家族と会えないことや、大好きな自分のベッドで眠れないこと、そして健康的な食生活を送るのが難しくなることを挙げている。

◎Normani Recalls Having a Sleepover With Ariana Grande, Camila Cabello & Dinah Jane
https://youtu.be/wKh-7DVz1_8

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ