狩野英孝、ゲーム課金総額「軽自動車買える」過去の置き引き被害に落胆


お笑い芸人の狩野英孝が、10日に放送されたバラエティ番組『エイコーさん』(フジテレビ 毎週木曜26:55~/FODで放送翌日昼から1週間無料視聴可能)で、ゲーム課金と置き引き被害について語った。

『エイコーさん』は、この日スタートした新番組で、狩野は「ゲーム大好き芸人」としてMCを担当。「スマホゲーム会社で社員の誰も知らない完全予約制の社内BARが存在していた…」という設定のもと、狩野がバーのマスターに扮し、「知る人ぞ知る世界で栄光を集めるプロフェッショナル=“エイコーさん”」と共にゲーム開発につながるヒントを探る。狩野のほか、声優の富田美憂、元HKT48で声優の山田麻莉奈がアルバイト店員役としてレギュラー出演し、2人との掛け合いも見どころとなっている。

最近はPS4のゲーム『3on3 FreeStyle』にハマっているという狩野。その他のスマホゲームもプレイし、「昨日も家に帰ったのが深夜の2時ぐらいだったんですけど、家に帰ったらすぐにゲームをつける。やらないと今日1日が終わらないという感じ。お風呂入って寝るのと一緒で、ゲームしてから寝る」と私生活を明かす。

そんなゲーマーの狩野は、番組内で「ゲームに課金しまくり」が暴露される。これを「そうですね」とあっさりと認め、クレジットカードの明細を見て「うわっ……やっちゃった……」と毎月実感しているという。これまで課金した総額を「スマホゲームとかいろいろ合わせて軽自動車買えるぐらい」と打ち明けると、山田は思わず「もっと他にお金かけることないんですか……?」と聞いてしまい、スタジオは爆笑に包まれた。

狩野は、「生活の一部ですから。頑張ってお金と時間をかけてやるじゃないですか? それが水没しちゃったりとか……」と苦い記憶がよみがえった様子。過去に新幹線で寝ている間、置き引き被害に遭ったという。「警察に行って、質問してくれたお巡りさんが僕のことを気づいたのか分からないけど、ニヤニヤしてて」と振り返り、当時は「あれ? これもしかしてドッキリなのかな? カメラ回ってるのかな?」という期待もあった。

しかし、「5年ぐらい経ちますね。未だにバッグは出てこない」と現実に落胆する狩野。「その時は財布も盗まれたんですね。ネタ帳も盗まれた。でも、やっぱり時間をかけて育てたゲームがなくなったことがすごくショックでした」と胸中を打ち明けていた。

狩野は、2011年4月17日付のブログで「仕事の疲れもあったのか新幹線に乗り込みすぐウトウト寝てしまいました。起きたら あれ.....」「カバンがない」「財布、家の鍵、カード、免許証、保険証、ネタ帳、仕事の書類、etc...全~部、盗まれてもうたー」と報告。犯人に向けて「盗まれた僕にも管理不足って事で責任はあるのであきらめます」「ただ、盗んだ現金全部あげますが、ちょっとでいいんで募金してください」と呼びかけていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ