千葉雄大、悩み抱えるトランスジェンダー役に挑戦『ちょいドラ2019』

テレビドガッチ

2019/1/11 12:30

“10分の短編ドラマ”というコンセプトで2017年に放送した『ちょいドラ』の第2弾『ちょいドラ2019』(NHK総合)が、1月12日(土)23時30分から放送。今回は伊藤沙莉、千葉雄大、岡山天音が主演を務めるドラマ3本を放送する。

旬な若手俳優と話題の作家による共通テーマは「○○な女」。SFコメディ、琴線に触れる心理ドラマ、疾走するアクションドラマという個性あふれる3ドラマが展開する。

■「ダークマターな女」あらすじ

宇宙に存在するといわれる“謎の暗黒物質”ダークマターに女性宇宙飛行士がなってしまったら⁉ 日本人女性宇宙飛行士(伊藤)が国際宇宙ステーションから地球に帰還すると、彼女の体に大変なことが起こっていた! 内容はEテレのようだが、SNSのネタになりそうなSFコメディ。

■「尽くす女」あらすじ

ある心理カウンセラー(優香)の元を訪れた男性(千葉)。「人に尽くしすぎてしまう自分が嫌なんです。病気だと思います」と語る男性は、体は男性だが心は女性というトランスジェンダー。この先自分は一体どうなっていくのか……。多くの人が身に覚えのある「自己肯定感」をめぐる悩み。

■「斬る女」あらすじ

半径10メートルで起きる地味な『キル・ビル』的アクション。年の瀬、ピザ屋で働く「僕」(岡山)。サボってばかりの先輩やクレーマーに手を焼いているが口に出せない。すると、あこがれの美しき同僚・鋭子(伊澤彩織)が立ち上がり、ふらちなやからを次々に斬り倒す……⁉「時には本当の事、言おうよ!」痛快・爽快な妄想全開アクションストーリー。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ