結果的にリンクコーデ…? 男子のファッション事情【笑いあり涙あり 男子3人育児 第30話】

明けましておめでとうございます!
本年も楽しくてできればちょっとはためになる記事を書いていきたいtomekkoです。

と抱負を述べたのっけから、たいしてためにはならない話なんですが…

SNSを眺めていると、育児しながらもおしゃれを楽しむ素敵なママが増えていて、うっとりしちゃいます。なんなら親子コーデとかしてるの、本当に可愛くて羨ましい!!

え、わが家ですか?

よくやってるのは「結果的にリンクコーデ」ですかね~。



子ども服、女の子向けは大人顔負けのおしゃれな服がバリエーション豊富に揃っていますが、男の子って…正直、代わり映えしなくないですか?

ボーダーか星柄か、車か恐竜か…

で、夫もワタシもシンプルなデザインが好きでボーダーをよく着るため、何気なく着替えていざ出かけようと思ったら全員ボーダー…なんてこともしょっちゅうなのです。

本当に男の子(とその親)のファッション事情って難しいです。


長男だけの頃は、今思えばびっくりするくらい子ども服にお金かけてたしこだわってました。
有名ブランド品を大人買い…なんてことまではできませんでしたが、お友達が立ち上げたブランドの服とか、できるだけ上品で他の子とかぶらないデザインを…なんて探してました。

次男が生まれる頃にはそんな熱意もすっかり冷め、次男のキャラ的にもむしろあり合わせのお下がりのダサい組み合わせが妙に可愛いみたいな感覚(ダサ可愛い?)になっていくのですが…(笑)

一方、ワタシ自身は服や持ち物にこだわっていたのは出産まで
田舎住まいになり、汚されるしどうせ家の周りぐらいしか出歩かないし…とだんだん興味を失っていきました。

かつて鳥取砂丘にさえヒールを履いて行った(アホな)きれいめへのこだわりはどこへやら。

そんなわけで、もはや部屋着と一軍の差が曖昧なレベルの今、ふだんイラストで描いている自分の服装って結構リアルでして(苦笑)

考えてみれば5人家族の紅一点。
花柄とかピンクとか、女の子らしいものは正直自分には似合わない…と敬遠してきました。
でもワタシくらいは華やかなファッションを楽しまないと
一生ボーダー一家だわ。



でもその昔、40代の先輩ママが言ってたんですよねぇ。
「アラフォーになると顔映り気になって急にショッキングピンクとか選び出すよ」

って…

こうして人は老け込んでいくのでしょうか…

とりあえず、2019年は流行にかかわらず、意識的にきれいな色を取り入れていく所存ですっ!
(tomekko)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ