大西桃香、2.5次元舞台初出演「すごく緊張…」 主演の深澤大河「骨身を削る思いで」

テレビファン

2019/1/11 11:28


 舞台劇「からくりサーカス」公開ゲネプロが10日、東京都内で行われ、出演者の深澤大河、滝川広大、大西桃香(AKB48)、飯田里穂、三浦海里、小坂涼太郎が登場した。

本作は、人気同名漫画を原作とした2.5次元舞台。莫大な遺産を相続し、命を狙われる才賀勝(深澤)と、勝を助ける拳法家の加藤鳴海(滝川)や人形遣いのしろがね(大西・飯田のWキャスト)を巻き込む、数百年にわたる壮大な物語。

主演の深澤は、「骨身を削る思いで、この作品を作りました。多くの方に愛されている作品なので、僕たちの舞台劇だからこそ表現できる作品を楽しんでいただきたいです」と話した。

滝川は、「今日がやっと来たなという気持ちでいっぱいです。みんなで意見を出し合って、本当に素敵な世界を作り上げることができました。皆さんに、笑って帰ってもらえたらと思います」と自信をのぞかせた。

「今回AKB48の活動を飛び出して、ピンの活動となりますが」と振られた大西は、「すごく緊張していました。スキルがなかったり、悩むこともあったりしましたが、自分なりに頑張ったので、プロの演技に張り合えるような演技をしたいです」と意気込みを語った。さらに、「12回の着替えがあって、セクシーな衣装やかわいい衣装を着ているので、その変化にも注目してほしいです」と笑顔でアピールした。

舞台は、20日まで東京・新宿FACEで上演。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ