ローソン、おにぎりに続く「悪魔のトースト」「悪魔のパン」など発売


ローソンは1月15日から順次、現在販売中の商品を改良した「悪魔のおにぎり」(110円)や「悪魔の焼うどん」(399円)など4品を全国のローソン店舗(「ローソンストア100」を除く)で発売する。

「悪魔のおにぎり」は、白だしで炊いたご飯に天かす、青のり、天つゆなどを混ぜ合わせたおにぎり。特徴的なネーミングとくせになる味わいで、2018年10月の販売開始から累計で約1,700万個を売り上げる人気商品となった(2019年1月9日現在)。

1月15日からはさらに風味をよくするため、従来商品にごま油とねぎを加えた改良新商品を販売する。なお、販売期間中、「青のり」から「あおさ」に変更する可能性があるとのこと。

新商品「悪魔の焼うどん」は醤油、みりん、砂糖、かつおと昆布の合わせだしなどで味付けした焼うどんに、あおさのり入り天かすを合わせた。サクッとした食感が楽しめるという。1月15日に発売。

1月22日には「悪魔のパン」(150円) と「悪魔のトースト」(125円)を発売する。「悪魔のパン」は、薄焼きのパンの上に天かすとあおさを乗せ、天つゆ入りソース、マヨネーズをかけて仕上げたパン。

「悪魔のトースト」は、しっとり・ふんわりとしたきめ細かな食パンに、2種類のチーズクリームとシュレッドチーズをトッピングし、グラニュー糖をかけて焼き上げた。

※価格はすべて税込

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ