ANAら6社、羽田空港の制限区域内で自動運転バスの実証実験

Traicy

2019/1/11 10:49

全日本空輸(ANA)、愛知製鋼、SBドライブ、先進モビリティ、NIPPO、日本電気(NEC)の6社は、1月15日から25日までの間、羽田空港の制限区域内で自動運転バスの実証実験を実施する。

国土交通省が航空イノベーションの推進と地上支援業務の省力化・自動化に向けて、国土交通省が4空港で実施する、空港制限区域内における乗客・乗員などの輸送を想定した国内初の自動走行実証実験の一環として実施するもの。市販の小型バスをベースとした自動運転バスを使用し、第2ターミナル本館とサテライト間を自動運転レベル3で往復し、「磁気マーカーシステム」を用いた車線位置制御、遠隔運行管理システム「Dispatcher」を利用した運行管理、空港制限区域内での自動運転バスの走行の検証を行う。乗客は関係者のみとなる。

「磁気マーカーシステム」は、 走行ルートに知って埋設したRFIDタグ付きの磁気マーカーと、車両の底部に設置した高感度磁気センサー(MIセンサー)によって、GPSの電波が届かない環境でも安定的に車両位置を自動調整できるようにするもの。国内で初めて次世代磁気マーカーを空港制限区域内に埋設して読み取り性能を検証する。

ANAとSBドライブは、2020年以降に空港で自動運転バスを実用化することを目指し、2018年2月に羽田空港新整備場地区で自動運転バスの実証実験を実施し

、車両走行制御技術や遠隔運行管理システムの検証などを行っている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ